スイング

【パットをしっかり強めに打てない方へ】ゴルフレッスンプロが解決!

ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。

今回の記事は【パッティングの素振りが大きいけど、実際に打つ時にはインパクトが緩んでしまうなどで強く打てない】という方のための記事です。

※文章が苦手な方はこちらの動画に内容の一部をまとめておりますのでご覧ください。

(動画編集中)

一般的なゴルファーがパッティングをする時には

  • せっかくのパーパットだからなんとか入れたい!
  • パッティングは届かなければ入らないから強めに打たないと……
  • 素振りでは大きく打つ気でいるのに、実際にはインパクトで怖がって緩んでしまうことが多い……

などと思うことでしょう。

そこで、現役ゴルフレッスンプロの観点からこれらの疑問を解決します。

具体的には

  • まずゴルフのパッティングでショートする原因の多くは「緩む」こと
  • パッティングの素振りと実際の振りの速さを合わせよう
  • インパクトの強さを意識してパットしよう

の順番で説明します5分くらいで読める内容ですし、パッティングで素振りでは強く打とうとしているのに実際では緩んでしまう。

そういう方への解決策を提示出来る可能性が高いので、ぜひご一読ください!

サカモトリョウ
サカモトリョウ
パッティングではショットよりさらに繊細さを求められるので、ぜひ覚えてください!

まずゴルフのパッティングでショートする原因の多くは「緩む」こと

質問者さん
質問者さん
説明を受ける前に「緩む」ってどういう意味?
サカモトリョウ
サカモトリョウ
ショットも同じで、インパクトで力を出し切っていないことを指します

インパクトで緩むというのは、ショットもパッティングも同じで最大限の力がボールに集約していないということです。

詳しくはこちらで説明していますのでご覧ください。

あわせて読みたい
【インパクトで緩む】の正体!現役ゴルフレッスンプロが解説します!ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。 今回は【インパクトで緩むとよく言いますが、それはどういうことかをしっかいと解説します!】...
サカモトリョウ
サカモトリョウ
上級者でも多いミスなので、普段から意識しておきましょう!

パッティングの素振りと実際の振りの速さを合わせよう

1番重要なのは、

【素振りの強さと実際に打つ時のストロークの強さをしっかり揃える】

ということです。

皆さんも「このパッティングはしっかりと打つ!」

と決めてストロークしたのに、実際に打つ時に結局オーバーを怖がって同じように打てない……

そんなことありませんか?

これは非常に多くのゴルファーが味わうことで、現に現役ゴルフレッスンプロである私もいまだにあるくらいです。

ここで意識すべきは、素振りだけしっかりと打つイメージを作るのではなく

「素振りと同じストロークを再現するイメージを強く持つ」

ということです。

これを意識してこなしていくことにより、どんどん経験値が高まり、上達していくことでしょう。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
素振りと同じストロークに合わせるのは言うほど簡単ではありません。しっかり練習しましょう!

インパクトの強さを意識してパットしよう

パッティングで重要な項目として

「インパクトの強さを意識する」

というものがあります。

  • 距離
  • 方向

などを意識する人は多いですが、インパクトの強さを意識しながら打つ人は非常に少ないです。

非常に重要なことなので、ぜひ意識しながらパッティングしましょう!

サカモトリョウ
サカモトリョウ
これを意識するだけで非常に大きな経験値を得ることが出来ます!

まとめ:素振りと実際のストロークの違いを少しでも少なくしていこう!

  • まずゴルフのパッティングでショートする原因の多くは「緩む」こと
  • パッティングの素振りと実際の振りの速さを合わせよう
  • インパクトの強さを意識してパットしよう

パッティングをしっかり打とうとしても、結局インパクトで緩んでショートしてしまう……

ゴルファーなら必ずあることです。

しかし、インパクトの強さを普段から意識しておくことにより、この確率を大きく下げることが出来ます。

あまりこの「インパクトの強さ」を意識しながらパッティングしている人は少ないですが、非常に大きな効果があるので、ぜひ意識して練習しましょう!

あなたのパッティング技術に必ず役に立つことでしょう。