スイング

現役ゴルフレッスンプロが教える【フック:ドロー】で90を切ろう!

ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。

今回は90を切る為の講座【フック:ドローボール編】です。

※文章が苦手な方はこちらの動画に内容をまとめていますので、ご覧ください。

(動画作成中)

今回はフックが持ち玉の方の90を切る為のスイング解説を詳しくしていきます。

一般的なフッカー(フックボールが持ち球の方)は、

  • フックボールは飛距離は出るけど制御が難しい
  • OBが多い…
  • ランが多過ぎてグリーンに止まらない

などと思っていることでしょう。

しかし、フック系の打球は飛距離と言う面では確かに出しやすく、ゴルフが楽しくなりやすいという大きなメリットがあります。

そこで、その有利な点と問題点について、ゴルフレッスンプロの観点からまとめていきます。

具体的には

  1. フック系が持ち玉のゴルファーは、ドライバーでの飛距離で勝負!
  2. ゴルフスコア90を切る為に、フックボールは打ち出しを右に出そう
  3. フック系が持ち玉のゴルファーは、チーピンに注意しよう

の順番で説明していきます。

ほんの5分くらいで読める内容ですし、フックが持ち玉でスコア90切りを目指す方にとてもいい情報が詰まっているので、ぜひご一読を!

スライスが持ち玉の方はこちらをどうぞ。

あわせて読みたい
現役ゴルフレッスンプロが教える90を切る為の講座【スライサー編】ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。 今回は90を切る為の講座【スライサー編】です。 ※文章が苦手な方はこちらの動画に内...
サカモトリョウ
サカモトリョウ
フックボールで飛距離を出して、ゴルフというスポーツを楽しみましょう!

スコア90を切る為のステップアップ講座まとめはこちらからご覧ください。

あわせて読みたい
【中級者向け】現役ゴルフレッスンプロのスコア90を切る為の5ステップ講座ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。 ラウンドレッスンをしながらブログ・Twitter・youtubeで情報発信をしています。...

フック系が持ち玉のゴルファーは、ドライバーでの飛距離で勝負!

フック系の打球は、スライス系の打球に比べて飛距離が出しやすいという特徴があります。

これにはいくつか理由があるので、それぞれ説明していきます。

フックボールはフェイスが被ってインパクトしたショットで出やすい

フックボールは基本的に、フェイスが被った状態でインパクトして出やすい傾向が強いです。

クラブは基本的にロフト角が立っていくほど飛距離が出やすくなります。

例)

7番アイアン ロフト角 35度 160ヤード

5番アイアン ロフト角 27度 180ヤード

そのため、フェイスが被ってインパクトするということは7番アイアンを持って打っていても、インパクトの時点では5番アイアンのロフト角と同じような角度になるということです。

逆に、ロフト角が開いてインパクトしやすいスライス系の打球は飛距離を出しづらいという理屈です。

フックボールはランが出やすい

フックボールは基本的にランが出やすい、つまりよく転がるというわけです。

同じキャリーだとしても

スライスボール キャリー200ヤード ラン10ヤード 計210ヤード

フックボール  キャリー200ヤード ラン30ヤード 計230ヤード

このように距離が変わってきます。

もちろんその分ハザードに入りやすいなどのリスクもありますが、せっかくのフックボールの利点をしっかりと活かしましょう!

サカモトリョウ
サカモトリョウ
フック系の打球はインパクトでフェイスが被りやすいという傾向を覚えておきましょう。

ゴルフスコア90を切る為に、フックボールは打ち出しを右に出そう

ではフックボールでスコア90を切る為に何が大切なのか。

フックボールはスライス系よりも飛距離が出やすく、OBなどのハザードにも入る可能性が高くなります。

なので、チーピンのような大きな曲がりにいっそう気をつけなければいけません。

フックボールの場合は「左に出て、さらにそこから左に曲がる」という打球を打ってしまうと、スコアを崩してしまう要因となる可能性が高いです。

そこで必要となるのが「打球の打ち出しを右に出す」というショットです。

打球が右に出ている時点で元々アドレスで右に向いている時を除けば、基本的に「インサイドアウト」のスイング軌道となるのでフック回転がかかりやすいです。

もし、その打球で左に曲がってこなくても、右にさえ曲がらなければよほど狭いホールでなければ問題ないハズです。

スコア90を切る為には、出来る限りダブルボギー以上を打たないようにしなければいけません。

その為には、フッカーの人々は必須となる考え方なのでぜひ覚えておきましょう。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
これは持ち玉がフックボール系の人は必ず意識しておきましょう。わたしもドローヒッターなので、いつも意識しています。

フック系が持ち玉のゴルファーは、チーピンに注意しよう

ほとんどの持ち玉がフックボールの人は、チーピンと言われる急激に左に曲がる打球に悩む時が来る人が多い傾向があります。

特に、男性でパワーが強い人ほどこの傾向が強いです。

これは、スコア90を切る上で非常に大きなハンデとなってしまうので、出来る限り対策しておきましょう。

有効で単純な方法をいくつか説明しておきましょう。

アドレスでフェイスを開いておく

チーピンしてしまう理由はいくつかありますが、基本的にフックボールが強過ぎる時の対処と同じものが有効です。

1番簡単な方法の1つに、アドレスでフェイスを最初から開いておくという方法があります。

詳しくはこちらで説明しています。

あわせて読みたい
現役ゴルフレッスンプロが教えるフックする理由・原因と改善方法ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。 今回はフックボールが多発してしまう方向けの記事となっています。 ※文章が苦手な方は...

右を向き過ぎない

私が実際にレッスンしていて、よくチーピンに悩んでいる人は「右を向き過ぎる」傾向が強いです。

これは「左に飛んでしまうならアドレスで少し右を向いておこう」という、初心者の内はとても有効な対処法の1つです。

しかし、スコアが100を切れるようなゴルフ慣れしてきた人はこの意識が強くなり過ぎてしまい「このまま打ったら右に飛んでしまう」ということを無意識に考えます。

そして必要以上に左に引っ張ってしまうという状態です。

自分のアドレスが

  • 基本的にどこを向いているのか
  • ショットやスイングに悪い影響を与えるアドレスで無いか

などを、今一度確認してみましょう。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
初心者を抜けたからこそ出てくる悩みもあります。基本を常に確認しておきましょう。

まとめ:フックボールの最大の魅力である飛距離を活かしつつ、曲げ過ぎに気をつけよう!

  • フック系が持ち玉のゴルファーは、ドライバーでの飛距離で勝負!
  • ゴルフスコア90を切る為に、フックボールは打ち出しを右に出そう
  • フック系が持ち玉のゴルファーは、チーピンに注意しよう

フックボール:ドローという打球は、ゴルファーなら一度は憧れるであろう打球です。

せっかく自分の持ち玉であるのなら、その魅力である飛距離を最大限に活かしていきましょう!

ただし、チーピンにだけは注意ですよ?

サカモトリョウ
サカモトリョウ
わたしも現役の頃は大分チーピンに悩みましたから。笑