スイング

ゴルフで低い打球を打つ方法!低弾道のショットの打ち方をレッスンプロが解説

レッスンプロのサカモトリョウです。

今回は低い打球の説明をしていきたいと思います。

※文章が苦手という方はこちらの動画でまとめを紹介しておりますので、ご覧ください。

【初心者でも低い打球を打つ方法!】教えます。

 

ただし、初心者の方で100切りを目指す初心者にはあまり必要のない内容です。

もちろん出来るに越したことはありませんが、クラブを変えるなどの簡単な対応が出来るので、そこまでの必要性は感じません。

中級者以上のゴルファーにおすすめの項目となります。

「仕組みを理解すると、初心者に必要なくても実践してみたくなっちゃう」

という方は気をつけましょう。

打球の高さをコントロールするのは、高等技術の1つです。

優しい方法も紹介しているので、初心者で実践するならそれのみにしましょう。

「高い打球を打つ」よりは、低い打球を打つ方が難易度は低いです。

ですが、そのスイングの名残りで通常のショットがズレてしまう恐れがあります。

初心者の内はスイングがブレると、修正するのに時間がかかります。

やはり、多使用は気をつけるのが無難でしょう。

逆の高い打球を打つ方法はこちらです。

ゴルフで高い打球を打つ方法!高弾道のショットの打ち方をレッスンプロが解説レッスンプロのサカモトリョウです。 今回は高い打球の打ち方を説明をします。 ※文章が苦手な方はこちらの動画に内容を簡単にまと...

ティーショットならティーアップを低くしよう:ゴルフ低弾道ショット

これが1番簡単な方法です。

ティーアップを低くすることで、打球の初弾道が低くなるので、これが1番単純で簡単な方法になりますね。

この方法は初心者でも出来るとても簡単な方法なので、低い打球の打ち方はこれを基本としましょう。

初心者で100を切ることが目標の方たちは、他の技術論を実践しようとすると、逆にマイナスになってしまうことの方が多いです。

多使用は気をつけましょう。

ゴルフショットのインパクトはハンドファーストで打とう

低い打球を打ちやすい方法は「インパクトでハンドファーストに当てる」ということです。

これはどういうことかと言うと、要するにインパクトの時にシャフトが直線より右に傾いた状態で当たるようにすればいいということです。

分かりやすいように画像で説明します。

この形が、「ハンドファースト」という構え方です。

ボールを右に置いて、手の位置は変わらないのでシャフトが右に傾きます。

打球をより低くしたい時は、ボールをさらに右に置いてこのハンドファーストを強くすると、より低い打球が打てるという構え方です。

ミドルアイアン(7〜5番アイアン)から下の番手は、インパクトをしやすくするため低い球をうとうという意識でなくても、この構え方を基本としている人が多いです。

このように、インパクトの瞬間がハンドファーストになるように当たると、初弾道が低くなり打球の高さが下がるという仕組みです。

ハンドファーストに当たることにより、打球が上ではなく前に低く飛ぶ為に、キャリー(ボールが打たれてからファーストバウンドするまでの距離)が極端に短くなります。

そのため、普段のキャリーのイメージで打つと、距離感が合わない時があるので、バンカーなどのハザードには気をつけましょう。

ハンドファーストにインパクトすれば打球が低くなるのは分かったけど、どうやればそのインパクトが出来るの?

という皆さんに、具体的に説明していきましょう。

ゴルフのショットで低い弾道を打つ具体的な2つの方法

低い弾道を打つ具体的な方法で、おすすめの方法が2つあります。

  1. 目線をアドレスの段階で下げる
  2. ボールをアドレスの段階で右に置く

の2つです。

1つずつ詳しく解説します。

①目線を下げよう

一番簡単な方法がこの、「アドレスの時点で目線を下げてしまう」という方法です。

この方法が分かりやすくて、初心者の方にもおすすめになります。

自分で左足下がりの状況を作ってあげるようなイメージです。

それだけでスイングがダウンブローの軌道になり、弾道が下がります。

目線を下げてダウンブローの軌道になることにより、打球が低くなりますが、その分フェイスを返しづらくなるのでスライスボールが出やすくなったりします。

特に、フェアウェイウッドなどの長いクラブがフェイスを返しづらく、スライスしやすいので注意です。

もともとスライスボールが普段から多い人は注意しましょう。

②球を右にセットしよう

アドレスの時点で、球を右にセットしましょう。

これもシンプルでおすすめです。

球を右にセットすることにより、最初に言っていたハンドファーストにインパクトしやすくなります。

アドレスの時点で球を右にする時は、手の位置まで右につられて動かないように気をつけましょう。

初心者の方は特にここでつられて、手の位置までズレてしまう方が多いです。

手の位置が変わらず、球を右に置くことで、ハンドファーストにインパクトしやすいようにしています。

アドレスでその準備を前もってしている状態ですね。

この点に注意しましょう。

まとめ:ゴルフショットの低い打球は高等技術。使用の際は要注意

  • ティーショットはティーアップを低くしよう
  • インパクトはハンドファーストで打とう

低い打球はゴルフにおいて高等技術の1つです。

初心者のうちはあまり気にしないことがおすすめです。

少し低く打ちたいくらいなら、ティーショットの時点でティーアップを下げるくらいの対策で十分としておきましょう。

打球を高く打ち出す詳しい方法はこちら。

ゴルフで高い打球を打つ方法!高弾道のショットの打ち方をレッスンプロが解説レッスンプロのサカモトリョウです。 今回は高い打球の打ち方を説明をします。 ※文章が苦手な方はこちらの動画に内容を簡単にまと...