スイング

【厳選】パット上達への2ポイント!現役ゴルフレッスンプロが教えます!

ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。

今回の記事は【レッスンプロが厳選したパッティング上達への2ポイント講座!自分のストロークとラインの理解力を上げよう!】という内容の記事となっております。

※文章が苦手な方はこちらの動画に内容の一部をまとめていますのでご覧ください。

【厳選!】パット上達への2ポイント!現役ゴルフレッスンプロが教えます!

 

パッティングをする時、一般的なゴルファーの皆さんは

  • 入るときも入らないときも何が理由か分からない
  • 自分がどういう風に打っているのか見たことがない
  • 普段のパットは「入る」「入らない」しか考えていない

などと考えているでしょう。

そこで、現役ゴルフレッスンプロの私が自分のパッティングに対する考え方をご紹介します!

具体的には

  • ゴルフでパットミスの原因がストロークかラインの読み方かを理解しよう
  • ゴルフのパットでフックラインは引っ掛け・スライスラインは押し出しがNG

の順番で説明いたします。

3分くらいで読める内容ですし、自身のパッティングについて理解が高まる可能性が高いのでぜひご一読ください!

サカモトリョウ
サカモトリョウ
意外と多くの皆さんが知らないことなんです

①ゴルフでパットミスの原因がストロークかラインの読み方かを理解しよう

まず、そのパットがミスパットだとして、それが

  • ストロークのミスなのか?
  • ラインの読み違いによるミスなのか?

それを把握して欲しいのです。

それぞれ具体的に説明しましょう。

ストロークのミス

こちらはほとんどのゴルファーが考えるであろうミスですね。

  • 左へ引っ掛けた
  • 右に押し出した
  • ダフった
  • インパクトでパンチが入ってしまった

などが主です。

多くの方に身に覚えがあることでしょう。

ラインの読み違いによるミス

このラインの読み違いによるミスもよくあることの1つですね。

  • 思ったより切れなかった
  • 思ったより切れた
  • 曲がらなかった

このようなミスです。

これらのようなミスの内訳があるのですが、ここで重要なのが

自分のミスの状態をしっかりと把握する

ことが大切なのです!

質問者さん
質問者さん
う〜ん……思ったより切れなかったな

とか

質問者さん
質問者さん
ちょっと押し出したかな?

などと自分では思っても、それぞれ

  • 自分が強く打ち過ぎて傾斜が効かなかっただけ
  • アドレスでもともと右に向いてしまっていただけ

ということが本当に多くあるスポーツで、これは上級者からプロにいたるまでありえることなんです。

なので対策としては

  • 他の人に見てもらい、正しい判断をする
  • カメラで動画を撮り、見直して判断する

などが有効でしょう。

とても大事な練習なので、ぜひ試してみてください!

サカモトリョウ
サカモトリョウ
自分で思うより凄い違いがあったりするんです

②ゴルフのパットでフックラインは引っ掛け・スライスラインは押し出しがNG

質問者さん
質問者さん
どっちにしろミスしたら同じじゃないの?
サカモトリョウ
サカモトリョウ
パッティングはラインの関係でミスの方向が非常に大切なんです

パッティングでよくアマチュアの方から聞くのが

  • 自分で引っ掛けたのに「思ったよりフックした」
  • 押し出したのに「かなりスライスした」

などということをよく耳にします。

ゴルフというスポーツは非常に自己判断が難しいスポーツで、ある程度はしょうがないのですが、あまりにも酷いとはやり成長の妨げとなってしまいます。

特にグリーン上において

  • フックラインで引っ掛ける
  • スライスラインで押し出す

この2つは絶対にやってはいけないミスと言えます。

なぜなら、フックは引っかけ・スライスは押し出すとラインの傾斜に回転が乗っていしまい、通常のストレートに打ち出すより何倍も切れてしまうからです。

具体的に例をあげて説明しましょう。

左にカップ1つ分、切れるフックラインだとします。

左にカップ1つ分フックすると思ってストロークしたが、少し引っ掛けてしまいカップ5つ分左へ行ってしまった。

右にカップ1つ分スライスするラインだとします。

右にカップ1つ分スライスすると思いストロークしたが、少し引っ掛けてしまった。

しかし、思ったよりスライスしてカップインした。

このように、

  • フックなら引っ掛ける
  • スライスなら押し出す

のは、ほとんど入る可能性がなくなってしまうミスなのです。

入るとしたら

「カップ1つ分のフックラインを、カップ3〜5つ分切れると読み違えてそちらに打ち出す。」

このようにしなければ入らない計算となります。

あまり現実的とは言えないですよね?

なので、ミスをするとしたら逆の

  • フックラインなら押し出し
  • スライスラインなら引っかけ

ならば入る可能性は十分あるので、意識してみましょう。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
非常に重要なパッティング技術なので必ず覚えておきましょう!

まとめ:ゴルフのパッティングは自分とライン状況の理解が非常に大切!

  • ゴルフでパットミスの原因がストロークかラインの読み方かを理解しよう
  • ゴルフのパットでフックラインは引っ掛け・スライスラインは押し出しがNG

ゴルフにおけるパッティグは、プロならば

「パット・イズ・マネー」(ゴルフでお金を稼げるかはパッティング次第)と言われるほど重要な項目です。

そんな中でも非常に重要なのが

  1. 自分のミスを正確に把握すること
  2. ミスするならフックラインは押し出し・スライスラインは引っかけにすること

この2ポイントと言えるでしょう。

これだけで飛躍的にパッティング技術が上がるので、ぜひ試してみましょう!