スイング

【上半身を捻って力を貯める】現役ゴルフレッスンプロ具体的解説!

ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。

今回の記事は【バックスイングで上半身を捻って力を貯めよう!】という内容の記事となっております。

※文章が苦手な方はこちらの動画に内容の一部をまとめていますのでご覧ください。

(動画編集中)

一般ゴルファーの皆さんは力を出す際に、

  • とにかく大きく振る
  • 精一杯早く振る

などのイメージで振る方が非常に多いでしょう。

そこで、「どうやったら力を発揮しやすいバックスイングが出来るか?」

この疑問を現役ゴルフレッスンプロの観点から解決したいと思います!

具体的には、バックスイングは捻って上げて力を貯めよう!」ということを説明します。

5分くらいで読める内容ですし、バックスイングで力を溜める方法を理解出来る可能性が高いので、ぜひご一読ください!

サカモトリョウ
サカモトリョウ
今や基本的なバックスイングとなりましたね

ゴルフのバックスイングは捻って上げて力を溜めよう!

質問者さん
質問者さん
バックスイングで捻ると良いの?
サカモトリョウ
サカモトリョウ
力を溜めやすいという面で非常に有効なのです

飛距離を出来るだけ出したいというのは、ほとんどのゴルファーが思うことです。

その為の対策方法として、「バックスイングを捻って上げることにより力を溜める」という方法があります。

バックスイングを上げる時に、どういうイメージで上げていますか?

あまり意識していない人もいるかもしれませんが、飛距離を上げたいと望む場合バックスイングは最大出力を上げるという面で非常に重要な役割を担っています。

そのイメージが「上半身と下半身の捻転差によって力を生み出す」というバックスイングです。

  • 下敷きの上半分を捻る
  • 雑巾絞りした雑巾

このようなイメージですね。

質問者さん
質問者さん
プロってほとんどそうやって上げてるような気がする!
サカモトリョウ
サカモトリョウ
飛距離を生み出す為にみんな取り入れているんです

飛距離を生む為には、大きな出力を生み出さなければいけません。

その有効な1手段なので、是非覚えておきましょう!

人によってはいくつかリスクもあるので気をつけましょう。

  • スイングのタイミングがどうしても合わない
  • 捻る動作により腰を痛めてしまう
  • スイングが合わずにミート率が下がり、かえって飛距離が落ちてしまう

などの人もいるので注意です。

まとめ:やり過ぎない範囲で捻って上げることでゴルフショットの力を溜めよう!

バックスイングはフォローと違い自分の意識で上げ方を変えることが出来ます。

しかし、だからこそ迷ってしまう箇所でもあるのです。

  • どうやって上げたら良いんだろう?
  • インサイドに上がり過ぎてるかな?

などなど、バックスイングについていろいろな悩みを持ったことがある方も多いのでは無いでしょうか?

しっかりと力を溜められるバックスイングを作り、飛距離へと繋がる下地を作り上げよう!

その他ご質問ございましたら、お気軽にLINEご登録いただけますと幸いです。

友だち追加
11D GOLFのゴルフグッズ