ショット

【シャンク撲滅動画】ドリル・練習方法をゴルフレッスンプロが紹介!

サカモトリョウ
サカモトリョウ
ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。


(@sakamotoryogolf)

皆さん、ゴルフをしていて最大に辛いミスはなんでしょう?

  • ティーショットの曲がり
  • セカンドショットのダフ
  • アプローチのちゃっくり
  • 3パット

いろいろなミスがありますが、その中でも

女性ゴルファーさん
女性ゴルファーさん
シャンクが止まらなくなって辛すぎる……

というミスに悩んでいる方はかなり多いでしょう。

そう、シャンクは前に進まないですし、連続して出たりするので多くのミスの中でも特に辛いミスです。

そうなると、

  • 怖くてしっかり振れない……
  • どうやってもシャンクが気になる
  • 対策方法がイマイチ分からない

このように考えてしまうでしょう。

そこで、その具体的な対策方法をレッスンプロの私がご紹介します!

5分くらいで読める内容ですし、シャンクが実際に治る具体的な方法ばかり集めたので、シャンクに悩んでいる方はぜひご覧ください!

サカモトリョウ
サカモトリョウ
実際にレッスンすると、皆さん直ぐに治りますよ!

直ぐに練習ドリル・対策方法を動画で知りたい方は
こちらをクリック!

まず、シャンクする理由や原因など知識を学ぼう!

まず、シャンクに対する知識を身に付けましょう!

シャンクする具体的な原因・理由を説明

シャンクする具体的な理由は

  • 直接ネックに当たってシャンクする
  • インサイドアウト軌道が強過ぎてシャンクする
  • シャフトの延長線上で打ちに行ってしまう

この3つがとても多い理由です。

詳しくはこちら
【シャンクの原因・理由3選】現役ゴルフレッスンプロが具体的解説!ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。 今回の記事は【シャンクが怖いあなたへ!シャンクが出てしまう理由と原因をしっかりと理解しよ...

わざとシャンクが打てれば操れる!

少し高等技術になりますが、わざとシャンクが打てればシャンクに悩むことはなくなります。

逆に、わざとシャンクを打とうとすると意外にシャンクしないので、試してみてください。

詳しくはこちら
【シャンクが怖い方へ!】わざとシャンク打てますか?ゴルフレッスンプロが教えます!ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。 今回の記事は【シャンクが怖いあなたへ!逆にわざとシャンク打てますか?】という内容の記事と...

豆知識:シャンクの語源

シャンクの語源って皆さん知ってますか?

実は「スネ」って意味なんです。

詳しくはこちら
【豆知識】シャンクの語源ってなに?ゴルフレッスンプロが教えます!ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。 今回の記事は【シャンクの語源ってなんだろう?その語源をゴルフレッスンプロが簡単解説!】と...

シャンクを防ぐスイングチェックポイント3点!

次に、シャンクを防ぐ為のスイングチェックポイントを3点ご紹介しましょう!

①体とクラブが近く構えないようにする

まず「体とクラブが近く構えないようにする」というポイントです。

基本的にシャンクはネックに当たってする打球なので、自分の体とクラブの距離が近い方の方が出やすい傾向があります。

私の生徒さんでシャンクに悩んでいた方も多かったので、ぜひチェックしてみてください。

②ボールをネックよりに構えないようにする

次に、「ボールをネックよりに構えないようにする」ということ。

これもシャンクに悩んでいる人にとても多い理由で、最初からネックに構えていることがあるんです。

そして、これはなかなか自分で気づけないことが多いので、動画を撮ってみたり他の方にチェックしてもらったりしましょう!

③インパクトでアドレスした時と同じ位置に手が戻ってきているかどうか

こちらはとっても効果的な方法で、普通に打つのではなく「インパクトでアドレスした時と同じ位置に手が戻ってきているかどうか」ということをチェックしてみましょう!

シャンクをする際には、手がアドレスの時より離れてしまい遠くでインパクトしてしまう人が多いんです。

これをチェックしておくことにより、シャンクの割合を大きく下げる事ができますよ!

サカモトリョウ
サカモトリョウ
しっかり自分がどのようにシャンクしているのかをチェックしましょう!

絶対にシャンクしない予防法!効果的おすすめドリル3選を紹介!

では、絶対にシャンクしない練習方法・ドリル3選をご紹介しましょう!

①右足を前に出してショット

【シャンク防止ドリル①】オープンスタンスに構えてスリークォーターショット!ゴルフレッスンプロオススメ方法解説

 

シャンクを防ぐ上で非常におすすめなドリルの一つ!

【右足を前に出してショット】

です。

先ほども説明した通り、基本的にシャンクはインサイドアウト軌道によって出ます。

その理由として大きな理由が、クローズスタンスが大き過ぎるという方が多いんですね。

そこから軌道が、がいつの間にかインサイドアウトになってしまいやすいので、それを防ぐドリルとなっています。

②コックを縦に使って上げるドリル

【シャンク防止ドリル】外に始動しよう!ゴルフレッスンプロおすすめ!

 

こちらは、

【コックをとにかく縦に使うように癖を付ける】

というドリルです

シャンクの大きな理由の一つに、バックスイングの始動で手首が寝て上がってしまい、シャフトが寝ながらバックスイングするという理由があります。

その結果、切り返しからインパクトにおいてネックに当たりやすくなってしまうというシャンクですね。

この確率を、大きく下げる事ができます。

③右腰を右手で抑えながら素振り

【シャンク防止方法】右腰を抑えて素振りドリル!ゴルフレッスンプロおすすめ!

 

最後のドリルが、

【右腰を右手で抑えながら素振りする】

というもの。

バックスイングで右腰が廻り過ぎてしまうと、どうしても軌道がインサイドアウトになりやすいので、明らかにシャンクが出やすくなってしまいます。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
私がシャンクするときは、この理由が多いです

これを防ぐために、自分で抑えてしまうという直接的なドリルですね。

単純ですが、とても効果的なのでぜひお試しください。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
数多くある中で、一番すぐに結果が出やすいものを抜粋しています!

絶対にシャンクしない為の方法3選:まとめ

【チェックするポイント3点】

  1. 体とクラブが近く構えないようにする
  2. ボールをネックよりに構えないようにする
  3. インパクトでアドレスした時と同じ位置に手が戻ってきているかどうか

【練習方法・ドリル3選】

  1. 右足を前に出してショット
  2. 始動で大きく外に上げる
  3. 右腰を右手で抑えながら素振り

いかがだったでしょうか?

シャンクはゴルフの中でも本当に辛いミスで、一回出ると本当に次から「また出るんじゃないか……」と思ってしまいますよね?

その結果、振り切りも悪くなってウッド系のショットの調子も悪くなってしまいます。

ですが、シャンクはしっかりと対応すれば、簡単に直す事ができます!

ぜひ、その方法を覚えてシャンクに怯えないスイングを手に入れてください。

サカモトリョウのオリジナルブランド「11D GOLF」のゴルフ練習器具「スイングチューニング」がアマゾンにて発売中!
ゴルフがお金持ちのスポーツだという認識はもう古い!「らく」に特化した初の著書を出版!