スイング

バンカーでの打ち方【エクスプロージョンショット】とは?レッスンプロが簡単解説!

ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。
(@sakamotoryogolf)

今回は【バンカーショットの基本!エクスプロージョンショットを覚えよう!】という内容の記事となっております。

一般的にバンカーの印象というと、

  • バンカーは大の苦手!
  • 1回じゃ出る気がしない……
  • そもそも打ち方がよく分からない

などと思っている方が非常に多いでしょう。

しかし、バンカーは基本的な打ち方を覚え、コツを掴めば簡単に出すことが出来るんです!

そこで、レッスンプロの観点から皆さんの疑問を解消し、バンカーの基本的なショットが理解出来るようにご説明します!

3分くらいで簡単にバンカーショットの基本を覚えられる可能性が高いので、ぜひご一読ください。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
バンカーの苦手意識を無くしましょう!

バンカーの打ち方は主に2種類だが基本は「エクスプロージョンショット」

質問者さん
質問者さん
バンカーってどうやって打てば良いのかな?
サカモトリョウ
サカモトリョウ
バンカーの基本は「エクスプロージョンショット」と言われているものがほとんどです!

基本的にバンカーは

  • クリーンショット
  • エクスプロージョンショット

の、2種類のショットがあります。

それぞれ説明していきましょう。

クリーンショット

ボールを直接ヒットさせる打ち方。

要するに、「フェアウェイなどで打つ普通のショットやアプローチと同じ」ということですね。

ただし、

  • 足場が砂で滑りやすい
  • 少しでもダフると飛距離が大きく軽減される

などのデメリットが多いので、普通のショットよりも遥かに難易度が上がります。

 

エクスプロージョンショット

ボールより手前の砂にヘッドを入れるショットのことで、バンカーからグリーン乗せる際の1番ポピュラーなショットがこの「エクスプロージョンショット」です。

実際にボールがある場所よりボール半分〜1個分手前にヘッドを入れてショットすることにより、その爆風で飛ばすショットで、イメージとしてはわざとダフって打つショットですね。

エクスプロージョンは「爆発」という意味なので、文字通り手前を爆発させるように打つショットです。

普通のクリーンショットとは全く距離の出方が違うので、その点については重々注意しましょう!

バンカーの距離感についてはこちらの記事を参考

(記事作成中)

サカモトリョウ
サカモトリョウ
バンカーの基本はエクスプロージョンショット!必ず覚えよう!

 

まとめ

バンカーは基本的に2種類の打ち方、

  • クリーンショット
  • エクスプロージョンショット

がありますが、ガードバンカー(グリーン周りのバンカー)からは、ほぼ間違いなくエクスプロージョンショットを選択するでしょう。

理由は単純で、「エクスプロージョンショットの方が簡単だから」です。

実は、バンカーからクリーンショットするのは非常に難しい高等技術ということを多くの人が知りません。

バンカーが苦手な人は確かに多いでしょうが、苦手意識をあまり募らせずにしっかりとこのエクスプロージョンショットを覚え、ラウンドスコアアップに役立てよう!

 

 

11D GOLFのゴルフグッズ