スイング

現役ゴルフレッスンプロによる【インサイドアウト】具体的説明・解説!

ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。

今回は【インサイドアウト軌道の説明と解説】という内容の記事となっております。

※文章が苦手な方はこちらの動画に内容の一部をまとめておりますのでご覧ください。

(動画編集中)

一般的なゴルファーはインサイドアウト軌道と聞いて

  • インサイドアウトってどういうこと?
  • フックの原因だって聞いたことがある

というように思うことでしょう。

そこで、現役ゴルフレッスンプロの観点からこれらの疑問にお答えしたいと思います。

具体的には、インサイドアウトはフック回転しやすい軌道のことだということを説明します。

3分くらいで読める内容ですし、インサイドアウト軌道について基本的な構造が理解できる可能性が高いので、ぜひご一読ください。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
インサイドアウトをしっかり理解してカッコいいドローを覚えよう!

アウトサイドイン軌道の説明についてはこちらをどうぞ。

あわせて読みたい
【アウトサイドイン軌道】現役ゴルフレッスンプロの具体的説明・解説!ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。 今回は【アウトサイドイン軌道の説明と解説】という内容の記事となっております。 ※文...

インサイドアウトとはフック回転させやすい内側から外側へのスイング軌道のこと

インサイドアウトとは、上の図のようにボールの内側から外側にかけて打つような軌道を描くスイング軌道のことを言います。

質問者さん
質問者さん
インサイドアウトはどういった特徴があるの?
サカモトリョウ
サカモトリョウ
その特徴として、代表的なものがいくかあるので説明しましょう!

インサイドアウトはフック回転しやすい

基本的にインサイドアウト軌道はフック回転の代表的な原因の1つです。

理由は単純で、よくあるパターンを2つ紹介しましょう。

インパクトでフェイスが被りやすいのでボールに左回転がかかりやすい

インサイドアウト軌道は基本的にフェイスが被ってインパクトしやすい傾向が強いです。

したがって、必然的にボールに右回転がかかり、右方向に曲がっていくことが多い訳です。

強いアームローリングにより卓球のスマッシュのようなスイングになりやすい

インサイドアウト軌道のスイングはアームローリングが強く起きやすく、卓球のスマッシュのようなスイングになりやすいです。

そうすると卓球ではドライブ回転がかかりやすいように、ゴルフでも左回転が強くかかります。

それがフックの原因になることも多いのです。

インサイドアウト軌道は右に飛び出しやすい

先ほども書きましたが内側から外側へ振っていくスイング軌道なので、打球の出だしは右に飛びやすいです。

なので、真っすぐ飛び出さないのは軌道の特徴通りなので覚えておきましょう。

打球の飛び方の基本的な説明はこちらをどうぞ。

あわせて読みたい
【飛び方・仕組み】ショット時のゴルフクラブとボールの関係を解説ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです 今日はゴルフにおけるショットで、ボールがどういう仕組みで飛んでいくのかを説明していきたいと...
サカモトリョウ
サカモトリョウ
フック系打球が持ち玉の方はほとんどがこのインサイドアウト軌道でスイングしている方が多いです

まとめ:インサイドアウトをうまく使いこなしてドローを打とう!

インサイドアウトの軌道はフック回転がかかる可能性が高いスイングなので、飛距離性能が秀でている分、大きな曲がり幅が出る可能性もあります。

そのため制御が難しいという側面もありますが、うまく使いこなせば大きく飛距離を出すショットを手に入れることが出来るかもしれません。

しっかりと「インサイドアウト」の特徴や性能を理解して、自分のスイングに活かしていきましょう!

アウトサイドイン軌道の説明についてはこちらをどうぞ。

あわせて読みたい
【アウトサイドイン軌道】現役ゴルフレッスンプロの具体的説明・解説!ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。 今回は【アウトサイドイン軌道の説明と解説】という内容の記事となっております。 ※文...