状況判断・戦略

【超初心者向け】狙いはホール枠内!ゴルフレッスンプロが教えます!

ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。

今回はゴルフ超初心者に向けての【ショットはとりあえずホールの枠内にあれば良い】という内容の記事となっています。

※文章が苦手な方はこちらの動画に内容の一部をまとめていますのでご覧ください。

【超初心者向け】ティーショットの狙いどころは?現役ゴルフレッスンプロが解説します!

ゴルフ超初心者のみなさんは

  • ショットを毎回真っすぐ飛ばすのは無理なんじゃ……
  • ハザードばかりでどこに打ったらいいのか分からない
  • OBばかり行ってしまってキリが無い

などと思うことでしょう。

そこで、現役ゴルフレッスンプロの私がどうやってショットを狙えばいいのかの指針を説明していきます。

具体的には

  • 細かい狙いは要らない!そのホール枠内を狙おう!
  • ゴルフ初心者は前進ティーをうまく使おう!

の順番で説明していきます。

5分くらいで読める内容ですし、初期段階でどういった狙い方をすれば良いのか把握出来る可能性が高いので、ぜひご一読ください!

サカモトリョウ
サカモトリョウ
最初はホール内にあれば良いんです!

細かい狙いは要らない!そのホール枠内を狙おう!

ゴルフをしていると

  • OBに打ちたくない
  • 池に入れたくない
  • 林に打ち込みたくない

など、真っすぐ以外は打ちたくないと思うようになってきます。

しかし、初心者の段階ではあまり気にしすぎると、気持ちよくスイングが出来なくなってしまいます。

初心者の内は、気持ちよく振り抜くことを覚えて欲しいからです。

詳しい説明はこちら。

あわせて読みたい
【超初心者向け】最初は精一杯振ろう!現役ゴルフレッスンプロが教えます!ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。 今回は、 という疑問に対して答える記事となっています。 ※文章が苦手...

なので、狙いは今いるホールの枠内にあればいいと思って打ちましょう!

バンカーやラフは気にしないでしっかり振りましょう!

その結果OBや池に行ってしまっても構いません。

厳しくポイントを狙わずに、「このホール内にあればいい」と思って打つことが1番なんです!

もしバンカーがどうしても苦手な方は避けましょう。

詳しくはこちらです。

あわせて読みたい
【超初心者用】バンカーを避けよう:ゴルフレッスンプロが解説!ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。 今回は【初心者の段階では出来る限りバンカーを避けよう】という内容の記事となっています。 ...

しかし、優先順位はホールの枠内に打つのが優先です。

バンカーに入らないように打つのは、どうしても苦手で、なおかつスコアを作りたい時にしましょう。

スコアを気にしていない時は、バンカーの練習にもなりますからね。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
最初の内はターゲットを絞らないようにしましょう。ショットが縮こまってしまうんです。

ゴルフ初心者は前進ティーをうまく使おう!

ゴルフは前進ティーというローカルルールがあり、ほとんどのゴルフ場で採用されている一般的なルールです。

これがある際は遠慮なく使いましょう。

特にスコア120を切ることが目的のゴルファーにはスコア的にも大きく意味を持つルールなので、しっかりと把握しておきましょう。

「わざわざ前進ティーから打つ為に、OBを狙う」

というのはさすがに止めるべきですが、

【右が林で左がOBのティーショットだとします】

ゴルフ超初心者の場合、OBを嫌がって右を狙っていき、林から出ずに大叩きする可能性も高いです。

この場合は左に行っても右に行ってもいいと思って真っすぐ狙ってみましょう。

その結果左にOBを打ったとしても前進4打目で打つことが出来るので、結果右の林よりスコアがよかったりします。

「ルールをうまく活用する」気持ちでいましょう。

前進ティーについての詳しくはこちらで説明しています。

あわせて読みたい
【超初心者向け】前進ティーをうまく使おう!ゴルフレッスンプロ解説!ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。 今回はゴルフ超初心者向けの【前進ティーをうまく活用しよう】という内容の記事となっておりま...

まとめ:初心者の段階ではホール枠内にあれば十分!細かいことは出来る限り気にしない!

  • 細かい狙いは要らない!そのホール枠内を狙おう!
  • ゴルフ初心者は前進ティーをうまく使おう!

ゴルフ超初心者の内はあまり縛られずに、気持ちよく振っていく中である程度スコアを作れるようにしていきましょう!

  • あそこに飛ばしたい
  • あっちには打ちたくない

などと思い、縮こまってしまうのが1番勿体ないですし、成長の妨げになってしまいます。

ルールをうまく使い、気持ちよく、楽しいゴルフを目指しましょう!