状況判断・戦略

キャリー場所の傾斜を考えよう!現役ゴルフレッスンプロが教えます!

ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。

今回は【キャリーに場所よって狙いは違う!しっかりと把握して狙おう!】という内容の記事となっております。

※文章が苦手な方はこちらの動画に内容の一部をまとめていますのでご覧ください。

【キャリーする場所の傾斜を把握しよう!】現役ゴルフレッスンプロが解説します!

 

一般的なゴルファーは、

  • いつも「残り距離」だけで考えてしまう
  • 飛距離とキャリーの違いはあまり考えていない
  • キャリーの場所の傾斜を考えるほどうまくないし……
  • そもそもそんなに重要なこと?

などと考えるでしょう。

そこで、現役ゴルフレッスンプロの観点からこれらの疑問を解消します。

具体的には

  • まずはゴルフのキャリーと飛距離の違いを認識しよう
  • 実際にキャリーする場所の傾斜を考えよう!

の順番で説明します。

5分くらいで読める内容ですし、キャリーによっての狙い方について理解出来る可能性が高いので、ぜひご覧ください。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
特に打球の高さが出ない人におすすめです!

ゴルフのキャリーと飛距離の違いを認識しよう

質問者さん
質問者さん
ゴルフで飛距離とキャリーって何が違うの?
サカモトリョウ
サカモトリョウ
飛距離は全体の距離で、キャリーは最初にバウンドするまでの空に飛んでいた距離のことなんです。

詳しくはこちらで説明していますのでご覧ください。

【飛距離とキャリー】2つの違いを考えよう!ゴルフレッスンプロが解説!ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。 今回は【飛距離とキャリーの違いをしっかりと認識しよう】という内容の記事となります。 ...
サカモトリョウ
サカモトリョウ
このことを理解しているだけでハザードに入る確立を下げることが出来るんです

ゴルフ場では実際にキャリーする場所の傾斜を考えよう!

私が実際にラウンドレッスンをしていて本当に思うことは

サカモトリョウ
サカモトリョウ
みなさん飛距離については毎回考えるのに、キャリーについてはほとんど考えていない……

と、いうことです。

実はこのキャリーについて考えることは、ゴルフのスコアを作る上で非常に重要なことだと理解しましょう!

その理由とおすすめするタイプのゴルファーを具体的に説明します。

キャリーする傾斜を考えれば結果が変わる!

例えばあなたが、200ヤードを3番ウッドで「キャリー170ヤード・ラン30ヤード」で打てるゴルファーだとします。

しかし、グリーン手前が上り傾斜だと、キャリーはほとんど変わらず170ヤードですが、落ちた所が上っているのでランが10ヤードしか出ない。

その結果、180ヤードしか飛ばない訳です。

それは傾斜の関係で当たり前のことなのですが、一般的なゴルファーは

とあるゴルファーさん
とあるゴルファーさん
あれ?ちゃんと当たったのになんでショートしたんだろう……

という考えの方が非常に多いのです。

このことを理解しておけば

  • 前もって上の番手で打つことによりグリーンオンの可能性が高まる
  • ショットがショートしてしまっても「キャリーが足りなかった」と真実を正しく理解出来る
  • 自分のミスショットが原因では無いことが分かる

というように、メリットが多くあります。

特に女性や弾道が低い方はキャリーを考えよう!

基本的に女性や弾道が低めの方はキャリーをしっかりと考えなければいけません。

それぞれ説明します。

女性はフェアウェイウッドで多く打つ為

女性は男性より距離が出づらいため、どうしてもフェアウェイウッドでセカンド以降を打つ機会が多くなります。

そのためよりランの計算をする必要があり、必然的にキャリーをより考えていけばグリーンオンの確立が高まるなどメリットが多くなります。

弾道が低めの方はファーストバウンドが重要

弾道が普通よりも低めの方は、最初のバウンドでどこに跳ねるかが重要となります。

そのため、ファーストバウンドの傾斜にはよく注目するクセをつけてしまいましょう!

サカモトリョウ
サカモトリョウ
アマチュアの皆様もぜひ考えてみてください!自分のゴルフがより一層理解出来ます

まとめ:ゴルフラウンドではキャリーする場所の傾斜を考えるだけで大きく違う!

  • ゴルフのキャリーと飛距離の違いを認識しよう
  • 実際にキャリーする場所の傾斜を考えよう!

キャリーする傾斜を考えれば、今のショットが

  • 自分のミスなのか
  • 傾斜の考えが足りなかったのか

などと、原因をハッキリさせることが出来ます。

皆さんもキャリーする傾斜を理解・把握して、みんなより1歩先のゴルファーになりましょう!