状況判断・戦略

【横に出す】を甘く見るな!現役ゴルフレッスンプロが解説します!

ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。

今回は【横に出すだけのショットを甘く見てはいけない!しっかりと対策しよう】という内容の記事となっております。

※文章が苦手な方はこちらの動画に内容の一部をまとめていますのでご覧ください。

【横に出す】を甘くみるな!現役ゴルフレッスンプロが解説。

 

一般的なゴルファーは横に出すショットの時に

  • 横に出すしか無い時は適当に打ってしまう
  • 横に出すだけなのに1回で出ない時がある
  • 大きく出し過ぎて奥のハザードに入ってしまう時がある

などの経験があることでしょう。

そこで、現役ゴルフレッスンプロの観点からこれらの悩みを解消したいと思います。

具体的には

  • ゴルフ場で林に入った時横に出す時も油断しないようにしよう
  • しっかりとゴルフクラブを選び高さをコントロールしよう
  • 通常のゴルフショットのように距離感を考えて打とう

の順番で説明していきます。

5分くらいで読める内容ですし、横に出すショットの重要性が理解出来る可能性が高いのでぜひご一読ください。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
実は横に出すショットは非常に重要なショットなんです

ゴルフ場で林に入った時、横に出す時も油断しないようにしよう

質問者さん
質問者さん
横にちょっと出すだけなら適当でも大丈夫じゃない?
サカモトリョウ
サカモトリョウ
そんなことはありません!次のストロークに向けてしっかりとショットしなければいけません。

これは初心者〜中級者の方に非常に多いのですが、横に出すだけだと油断して打ってしまい、結果大叩きの足がけにしてしまう方が非常に多いんです。

そのことをしっかりと理解し、少しの距離を横に出す時も油断しないようにしましょう!

地味ですが非常に重要なので、しっかりと対策しましょう。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
横に出すのを軽視するのは絶対に止めましょう!

しっかりとゴルフクラブを選び高さをコントロールしよう

横に出す時に非常に重要なのが、打球の高さです。

質問者さん
質問者さん
打球の高さなんてうまくコントロール出来ないよ……
サカモトリョウ
サカモトリョウ
そこまで細かくしなくてもいいので、クラブ選択だけでコントロールしよう!

簡単な例を持って説明します。

例)ティーショットが林に入ってしまい、横に50ヤード出したい場合。

7番アイアンで少し転がして、フェアウェイにしっかり出すことが出来た。

ピッチングウェッジで打ったが、上にせり出している枝に当たってしまいラフに落ちてしまった。

次のショットでグリーンを狙えるかも怪しい場所に止まってしまった。

このように、持つ番手を変えて打つだけで打球の高さを大きく変えることが出来るので、ぜひ実践しましょう!

サカモトリョウ
サカモトリョウ
最初は戸惑うかもしれませんが経験を重ねる為にチャレンジしましょう!慣れれば簡単です!

通常のゴルフショットのように距離を考えて打とう

横に出そうとしている人に多いのが、普段は間違いなく考えているだろう

「何ヤード打つ」

という距離についての意識が急に弱くなるということです。

横に出すだけでも、

  • 30ヤード〜50ヤード打てればフェアウェイに出すことが出来る
  • 出した後のショットの為に70ヤードなんとか飛ばしたい

などの考えをしっかりと持ちましょう。

横に出す時に急に適当になるのは本当にダメですし、何よりクセになってしまうので気をつけましょう!

サカモトリョウ
サカモトリョウ
普段は距離について考えているはずなので、普段通りにするだけです!

まとめ:横に出すショットはゴルフで非常に重要!しっかりと次に繋がる場所へと繋ごう!

  • 横に出す時も油断しないようにしよう
  • しっかりとゴルフクラブを選び高さをコントロールしよう
  • 通常のゴルフショットのように距離感を考えて打とう

「横に出す」

それだけで意識が弱くなり、急に油断し始める人が本当に多いのです。

レッスンをしていると、それでミスが続き大叩きしてしまう人が非常に多いです。

逆に、上級者の人が横に出す時にミスすることはかなりの確立で少ないと言えるでしょう。

ダメージを最小限にすることはスコアを作る上で必須と言っていいので、心当たりのある方はぜひとも認識を改めてみましょう。

それだけで、ラウンドで数打良くなるかもしれませんよ?