状況判断・戦略

【きざむ勇気を持とう!】ゴルフレッスンプロが教える正しいきざみ方!

ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。

今回は【攻めるだけでなく、きざむ勇気をしっかりと持とう!】という内容の二時となっております。

※文章が苦手な方はこちらの動画に内容の一部をまとめておりますのでご覧ください。

刻む勇気を持とう!現役ゴルフレッスンプロが教えます!

 

一般的なゴルファーがきざむ必要がある時は

  • きざんでも曲がってしまう時がある。ドライバーで打てば良かった……
  • どうせ攻めてもきざんでも変わらないことが多いし、ドライバーで打とう
  • きざむってなんかカッコ悪いとか情けないイメージがある

などと思う人が多いでしょう。

そこで、現役ゴルフレッスンプロの観点からこれらの疑問を解消したいと思います。

具体的には

  • ゴルフショットできざむことによるメリットはたくさんあることを理解しよう!
  • ゴルフショットできざむことに慣れよう

の順番で説明します。

5分くらいで読める内容ですし、きざむことに対する認識が変わる可能性が高いので、ぜひご一読ください。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
きざむことは、ゴルフにおいて必須だと思いましょう!

ゴルフのショットできざむことによるメリットはたくさんあることを理解しよう!

質問者さん
質問者さん
きざんでもミスすることも多いから、そんなに普段意識してないな……
サカモトリョウ
サカモトリョウ
きざむことは非常に多くのメリットがあるんです! 

きざむことのメリットをそれぞれ説明しましょう。

きざむとハザードが効かない

そもそもきざむ時は、ドライバーなどの距離を出してしまうとバンカーや池などのハザードに入ってしまう時が多いでしょう。

そこに入らないような距離感で打つことに、最大のメリットがあると言えるでしょう。

きざむと他のショットの流れも良くなることが多い

きざむことにより、そのショットで無理をしていないということになります。

そうすることにより、流れ自体が良くなることが多いです。

無理をしたショットはその時にうまくいったとしても、それからのショットに無理した余韻が残ってしまい、次以降のショットに悪い影響が出る可能性があります。

なかなかこういったことを考える人は少ないですが、意外に重要なので気をつけてみましょう!

単純にショットの成功確立が高くなる

短い番手で打つことになるので、単純にショットの成功確立が高くなる可能性が高いです。

ドライバーが特別に得意でなければ短い番手の方が早く落ちてくるので、単純にそのショットで目的場所に打てる可能性が高くなるでしょう。

あくまで「成功確立が高くなる」だけで、「絶対に成功する」わけではないので注意しましょう。

質問者さん
質問者さん
せっかく3番ウッドで打ったのにミスした。ドライバーで打てば良かった……

という考えは止めましょう。

あくまで結果論に過ぎません。

「可能性が高い選択をした」ことが素晴らしいのです。

ゴルフのショットできざむことに慣れよう

「きざむ」という行為に慣れておかなければ、実際にきざむ時に

  • やっぱりドライバーで打とうかな?
  • 小さい番手を持ってもミスするかもしれないし……

などと考えてしまい、きざむことを止めてしまう方も多いんです。

実際に回数をこなして、「きざむ」こと自体に慣れておきましょう。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
実は技術もそうですが「慣れ」が重要だったりするんです

まとめ:きざむことにより、ゴルフラウンドのスコアメイクがとても有利になります!

  • ゴルフショットできざむことによるメリットはたくさんあることを理解しよう!
  • ゴルフショットできざむことに慣れよう

ゴルフできざむことは非常に重要で、特に上級者になるとそれが普通となってきます。

スコアメイクには必須と言っていいほどのものなので、ぜひ覚えておきましょう!

「きざむ」ことは

  • かっこ悪いこと
  • 情けないこと

では無く

【賢い選択】であると理解しておきましょう!