アプローチ

ゴルフレッスンプロが教えるアプローチでトップしてしまう方への対策!

ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。

今回は

アプローチが苦手な方
アプローチが苦手な方
アプローチでどうしてもトップしてしまう……

という方への記事となっています。

※文章が苦手な方はこちらの動画に内容の一部をまとめていますのでご覧ください。

【アプローチでトップしてしまう方!】現役ゴルフレッスンプロが原因と対策を教えます!

アプローチが苦手でトップしてしまう方は、

  • どうしてもアプローチがトップして大叩きしてしまうことが多い
  • 意識しすぎると逆にダフる気がする
  • どうしてもアプローチに対して怖さが出る

などと思うことでしょう。

そこで、現役ゴルフレッスンプロの私がこの疑問を解消し、解決していきたいと思います。

具体的には

  • アプローチでトップしてしまう原因を知ろう
  • アプローチでトップしないようにしっかりと対策しよう

の順番で説明します。

5分くらいで読める内容ですし、アプローチでトップしてしまう原因と対策が身に付く可能性が高いので、ぜひご一読ください!

サカモトリョウ
サカモトリョウ
アプローチでトップするのはスコア的にかなり厳しいはず。しっかりと直していきましょう!

アプローチでトップしてしまう原因を知ろう

なぜアプローチでトップするのか分かっているでしょうか?

私がレッスンをしていて、アプローチでトップする方のほとんどが

質問者さん
質問者さん
何故か分からないけどアプローチでトップする……

というように言われる方が多いです。

つまり、自分ではなぜトップするのか分からない方がほとんどだということです。

このことを逆に言えば「ちゃんと原因が分かれば、対策することが出来る」ということです。

アプローチでトップしてしまう原因を1つずつ整理していきましょう。

アプローチでトップするということは、ヘッドがアドレスの位置より球の上に当たっている

アドレスの時にヘッドを浮かせて構える人は少ないでしょう。

基本はヘッドを地面に置いてアドレスするはずです。

その位置にインパクトが戻ってくればトップする訳無いので、アドレスからインパクトまでの過程で、球の上の方にヘッドが当たってしまう原因があるということです。

まずはそのことを理解しておきましょう。

そして次に、なぜそうなってしまうのか?

いくつか代表的な原因を紹介します。

顔がインパクト前に上がってしまい前傾が起きる

よく、

  • 球を良く見ていない
  • 顔が起きるのが早い
  • ルックアップ

などと言われるものです。

これにより、前傾姿勢が崩れてしまい、トップする人がかなり多いです。

苦手意識やアプローチに対する怖さが強い人ほど出やすい傾向があります。

アドレスでの対策が弱い

アプローチは基本的に転がすことがメインであり、その為にアドレスの時点で左足に体重を乗せておくのが普通です。

この体重配分が出来ていないと、インパクトがブレやすくなり、結果前傾姿勢が崩れて起き上がってしまいトップする方が多くいます。

ここで大事なのが、共通している【前傾姿勢が崩れる】というところがポイントとなります。

基本的にアプローチでトップしているほとんどの方が、この前傾姿勢が起き上がってしまうことから発生しています。

逆に言えば、これさえ出来ていればアプローチでトップしない可能性が高いということですね!

質問者さん
質問者さん
そうは言っても具体的にどう対策すれば……
サカモトリョウ
サカモトリョウ
ちゃんと対策方法もあるので安心してください!

アプローチでトップしないようにしっかりと対策しよう

先ほども書いた通り、前傾姿勢の崩れがアプローチトップの大きな原因です。

それをどう対策して防ぐか。

簡単な方法2つをご紹介します。

アドレスでしっかり左足に体重を乗せる

先ほども少し書きましたが、アドレスで体重をしっかりと左足に乗せておくだけでこの予防となります。

基本的には

  • 転がすランニングアプローチのイメージ
  • 低い打球のアプローチイメージ

が適しています。

間違っても「高い打球の柔らかいアプローチで寄せる!」なんて思わないでください。

最もアプローチトップを誘発する動きになってしまいます。

ボールを良く見る・インパクトまで顔を残す

ゴルフをしていて1番注意されることの1つですが、非常に有効で簡単な対処です。

顔がインパクト前に上がって、それに釣られて前傾姿勢までもが起き上がることを防ぎます。

実は結構慣れが必要なので、しっかりと球をよく見る練習をしましょう。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
しっかりと対策すればアプローチのトップは必ず減ってきます!

まとめ:アプローチトップはスコアメイクの上で非常にマイナスです。必ず対策しましょう!

  • アプローチでトップしてしまう原因を知ろう
  • アプローチでトップしないようにしっかりと対策しよう

アプローチでトップしてしまうと、アプローチに対してどんどん自身が無くなり、代わりに不安や恐怖が増えてきてしまいます。

そうするとさらに顔や前傾が上がってしまうという、マイナススパイラルへと入ってしまいます。

しっかりとした対策をもって、少しずつ自身を取り戻していきましょう!