スイング

現役ゴルフレッスンプロが教える90を切る為に自分の長所を活かそう

ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。

今回はスコア90を切る為の自分のスイングの長所を活かそう!というコンセプトです。

※文章が苦手な方はこちらの動画に内容の一部をまとめていますのでご覧ください。

(動画編集中)

ゴルフに慣れてくると、

  • ここがダメなんだよな
  • いつもこういうミスするな
  • 自分のショットのここが気に入らないな

といった、自分のスイングのマイナスポイントが目につくようになってきます。

ですが、スコア100を切れるようになった状態ならラウンドした時に、必ず自分なりのいいショットが何回かは出るようになっているはずです。

それがあなたのあなたの長所となっているはずです。

そのポイントを伸ばすことを意識しましょう!

ゴルフはミスのスポーツなので、マイナスな面を見ているとキリが無くなってしまいます。

だんだんそれにつられて精神面も苦しくなっていってしまいます。

自分のスイングの長所はどこにあるのかを意識して、それを伸ばしていきましょう!

サカモトリョウ
サカモトリョウ
ゴルフはミスのスポーツだからこそ、長所をしっかりと理解しておきましょう。

自分のスイング:ショットの長所を理解しよう

自分のスイング:ショットの長所はいったいどこにあるのでしょう。

例えば、自分のスイングがカットスイング(アウトサイドイン)のスイングだとします。

それはスライス系統の打球が出やすいスイングで、打っている本人は「あんまり飛ばないし、勢いも弱く飛んでいくからなんかかっこ悪い」と思っているかもしれません。

しかし、レッスンプロの私から言わせてもらえば「スライスの打球が安定して出せるということは、非常に大きな強みである」と胸を張って言えるでしょう。

その長所は

  • 左に飛んでしまう心配が少ない
  • スライス回転のため、ランが出過ぎる心配が少ない

などの利点があります。

そのため、フック回転よりも飛距離性能が劣る反面、安全性の高い打球と言えるでしょう。

その特性の為、上級者やプロの人たちに人気のある打球です。

90を切る為のスライサー講座はこちらからどうぞ。

あわせて読みたい
現役ゴルフレッスンプロが教える90を切る為の講座【スライサー編】ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。 今回は90を切る為の講座【スライサー編】です。 ※文章が苦手な方はこちらの動画に内...

これがもちろんフック系の持ち球でも構いません。

あわせて読みたい
現役ゴルフレッスンプロが教える【フック:ドロー】で90を切ろう!ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。 今回は90を切る為の講座【フック:ドローボール編】です。 ※文章が苦手な方はこちら...

自分の強み:長所を理解出来ないまま、それを直そうとしている人は少なくありません。

これは非常に勿体ないことです。

せっかくの自分の良さを活かすように準備しておきましょう。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
自分の長所は他の人の意見も聞くと分かりやすいかもしれません

自分のショットの長所伸ばす方向性は「リスクを上げない」ように!

では、実際にどうやって自分の長所を伸ばしていけばいいのでしょうか?

例えばさきほど述べた

・スイングがカットスイング(アウトサイドイン)だとします。

この利点を伸ばすというのはどうすればいいのか。

つまり、フック回転しないように、スライス回転のまま飛距離が今よりも出れば素晴らしい伸ばし方と言えるでしょう。

ここでたとえば

  1. フック回転で打つと、今までの平均距離より20ヤード飛ぶとします。しかし、大きく曲がってしまうリスクが20パーセント上がってしまう。
  2. 一方、スライスのままだと飛距離はあまり変わりませんが、そのまま飛距離を伸ばす努力をして、今の平均飛距離より5ヤード飛ぶようになったとします。

もちろん大きく曲がる可能性は以前と変わりません。

飛距離がのびている分、落ちてくるのが遅くなることによるリスクのみです。

この2つのどちらが正解でしょうか?

①の方は即効性があるというのがポイントで、その時は飛んでキモチイので、ついつい手を出してしまいやすくなってしまいます。

しかし、レッスンプロの観点から言うと、②の方が遥かにスコアに繋がる進化方法だと言えるでしょう。

「自分の長所を伸ばすのにリスクを上げない」というのが1番なんです。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
目先の飛距離に惑わされないようにしましょう!

長所を伸ばすには他の人に見てもらい、自分に合っていそうなものを抜粋しよう!

では、具体的にどうすればいいのか説明していきましょう。

それぞれに具体的な解決方法がありますが、これについては自分一人でやろうと思っても、なかなか難しいところがあります。

なので、ゴルフに詳しい人や上級者に聞いてみましょう。

そして、いくつか聞いたら自分が「なんとなく良さそう」と思った練習方法を試してみましょう。

全ての言うことを守る必要はありません。

なにもしっくりこなかったら、自分が信じている人の言うことを試してみましょう。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
他のことと同じで、ゴルフも「トライ&エラー」が大事なんです。

まとめ:自分の長所を理解して、伸ばす努力をしよう!

  • 自分のスイングの長所を理解しよう
  • どうやって伸ばすかを考えよう
  • 具体的な練習方法

ここまできたら自分の長所が必ず出てきているはずです。

もし自分で「自分のどこが長所なのかわからない…」という場合は、一緒にラウンドする人や練習した人に聞いてみましょう。

自分のことより、他の人のことの方が見やすいことは、ゴルフあるあるなんです。