スイング

どうしても【右手に力が入ってしまう方】現役ゴルフレッスンプロがおすすめ具体的対策を紹介!

ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。

今回は【右手の力がどうしても入ってしまう方への解決方法ご紹介!】という内容の記事となっております。

  • 「右手の力を抜きなさい!」
  • 「手に力を入れ過ぎないように」

こうやって言われたことが誰でもあるのではないでしょうか?

しかし、

  • なぜ右手の力を入れてはいけないのか?
  • 具体的な対策方法はあるのか?

これらを知っている人は少ないことでしょう。

そこで、その理由と方法をゴルフレッスンプロの私がご説明いたします!

数分で読める内容ですし、右手に力を入れてはいけない理由や解決方法を理解出来る可能性が高いので、ぜひご一読ください。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
しっかりと理由を知っておくことが大切なんです!

「右手の力を入れてはいけない」と言うのは、右利きの人の右手の力が強過ぎてバランスが悪いから

質問者さん
質問者さん
そもそも、なんで右手の力を入れてはいけないの?
サカモトリョウ
サカモトリョウ
「右手が強すぎる人が多い」というだけなんです

なぜ、右手に力を入れてはいけないのか?

それは、「基本的に右利きの人は右手が強過ぎて左手とのバランスが悪くなってしまいミスショットを誘発してしまいやすいから」です。

右手が強過ぎると

  • フェイスが返り過ぎてフックやチーピンをしてしまう
  • 体での回転(ボディーターン)や体幹の力をボールに伝えづらい
  • アウトサイドからの軌道になり、スライス回転がしやすい

などなどのデメリットが多くあるんです。

なので、よくゴルファーは「右手の力を抜きなさい!」と、言う訳ですね。

しかし、右手の力を使うことが必ずしも悪いこととは限りません。

特に女性などは右手の出力が非常に重要なので、しっかりと自分の特性を考えておきましょう。

ゴルファーの天敵!右手に力を入れ過ぎないようにする具体的対策方法紹介!

アドレスの時に上半身毎力を抜く

良くアマチュアの方に聞くのが

質問者さん
質問者さん
右手の力を抜こうとしても、どうしても入ってしまう

という声です。

確かに、右手の力を抜こうとしてもあまり効果が無い人が非常に多いですね。

ここで私のおすすめが【右手だけでなく、上半身毎力を抜く】という方法です。

どうしても一部の力だけ抜こうとすると、他の部分が緊張してしまい、結果右手も釣られて力が入ってしまうことが多いでしょう。

なので、アドレスでどれだけ上半身を脱力出来るかにかかっています。

ぜひお試しください。

右ひじを貼らないようにする

アドレス時に、右ひじを「ピン」と張って構えていませんか?

こうしていると右手にも必然的に力が入ってしまうことが非常に多いです。

もし心当たりのある方は注してみましょう。

左手のグリップを少しだけしっかり握る

これは私がよく生徒さんにおすすめしている方法で、特に力の強い男性に効果的と言えるでしょう。

「右手が強過ぎてバランスがズレてしまうなら、多少左手をしっかりめに握ることによって左右のバランスが相対的に整う」という手法ですね。

右手が強過ぎてフック回転してしまう方は、この方法でかなり多くの方が直ります。

ぜひお試しください。

詳しい記事はこちらをご覧ください
右手の力を抜くより左手をしっかり握ろう!現役ゴルフレッスンプロ解説ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。 今回は【右手の力を抜くのは難しい……なら、左手を少ししっかり握ってバランスを取ろう!】と...
サカモトリョウ
サカモトリョウ
いろいろ試して自分に合う方法を採用してくださいね!

自分なりに左右の力感やバランスを整えられるゴルファーになろう!

特にコースなどに行くとどうしても力が入っていき、自分の力がある方の手がどんどん力んでいきます。

その結果、どうしても左右のバランス・力感がズレてしまいミスショットに繋がってしまう……

多くのゴルファーに思い当たるフシがあることでしょう。

なので、自分なりに左右が整う方法を見つけてみることが非常に大切です!

この記事にあることも是非試してみてください。

【ゴルフ上達を本気で願っているあなたへ!】

現役ゴルフレッスンプロ「サカモトリョウ」によるオンラインレッスンの申し込みはこちら!

ゴルフが最高に楽しくなる【サカゴルレッスン】動画・練習場・ラウンドで上達速度を何倍にも上げよう!現役でゴルフレッスンプロをしているサカモトリョウです。 レッスンを受けると ゴルフ上達のスピードが早まる 今自分の...

その他ご質問ございましたら、お気軽にLINEご登録いただけますと幸いです。

友だち追加