スイング

【パットはピッタリに打とう!】現役ゴルフレッスンプロおすすめパッティングイメージ紹介【練習方法・距離感】

ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。

今回は【パッティングはピッタリの距離感で打つことがおすすめ!】という内容の記事となっております。

一般的なアベレージゴルファーがパッティングするときは、

  • パッティングって距離が大事だって言うけど、どれくらいで打てば良いんだろう?
  • ショートしたり打ち過ぎたり毎回違う……
  • どれくらいの目安で打つのが正しいの?

などと思うことでしょう。

そこで、パッティンの距離感に対するイメージをレッスンプロの私がご紹介します!

3分くらいで読める内容ですし、パッティングの距離感の基礎について理解出来る可能性が高いのでぜひご覧ください。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
パッティングは繊細なので気をつけましょう!

パッティングはぴったりの距離感で練習・イメージしよう!

質問者さん
質問者さん
パッティングってどんな距離感で打てば良いの?
サカモトリョウ
サカモトリョウ
基本的にピッタリを意識して打ってみよう!

パッティングって、どれくらいの距離感で打ったら良いのかなかなか分からないですよね?

良く聞くのは、

  • せっかくのバーディーパットだったのに、インパクトが緩んでショートした
  • ショートするのが嫌でインパクトでパンチが入り、大オーバーしてしまった
  • 強めに打とうとしても、結局怖がってショートした

このようなミスです。

パッティングは非常に繊細な動きを求められる部類の動きで、なかなか思った通りの距離感を出しづらいと言えるでしょう。

そこでおすすめなのが、

「常にピッタリの距離感で狙い続ける」

です。

ショートしたり、オーバーしたりするのはある程度はしょうがないミスで、それほどパッティングを正確に打ち続けるのは難しい技術な訳ですね。

なので、常にジャストタッチの距離感をイメージすることにより、大きな誤差を無くせるようにしましょう。

特に初心者から中級者に非常におすすめなイメージ方法なので、ぜひ参考にしてみてください!

サカモトリョウ
サカモトリョウ
パッティングは細かい調整が不可欠!しっかり対応しよう

まとめ:パットはぴったりの距離感がおすすめ!出来る限りシンプルに練習してみよう!

パット技術はなかなか自分では掴みづらいものです。

入るときもあれば、全く入らないときも少なくありません。

出来る限り大きなミスを減らせるように、ピッタリの距離感で打てるような練習・イメージを作っておきましょう!

それを普段から意識しておくことにより、パッティングでの大きなミスがだんだん出なくなっていきます。

大事なのは

「距離感を合わせること」

だということを、普段から忘れないでください。

その他ご質問ございましたら、お気軽にLINEご登録いただけますと幸いです。

友だち追加