スイング

【3Wスプーンが苦手な方へ】現役ゴルフレッスンプロが簡単対策伝授!【フェアウェイウッド・3ポイント】

ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。

今回は【スプーンが苦手な方へ、簡単攻略方法伝授!】という内容の記事となっております。

一般的なアマチュアの皆さんは、

  • スプーンが全然打てない
  • フェアウェイウッド自体苦手
  • 使わないからバックの中で飾りになってる……

などという方を非常に多く目にします。

そこで、レッスンプロの私が今までの経験から「スプーンを上手く、なおかつ簡単に打てる方法」をご紹介します。

3分くらいで簡単に読めますし、スプーンに対する苦手意識が無くなる可能性が高いので、ぜひご一読ください!

サカモトリョウ
サカモトリョウ
スプーンを上手く使ってゴルフを楽にしよう!

スプーン(3W)が苦手なゴルファーへ簡単攻略方法伝授!

スプーンが苦手な方でもすぐに実践出来るように、出来る限り簡単なものをピックアップしました。

ぜひお試しください。

 

使い慣れる・振り慣れる

これは本当に大切な要因で、「スプーンを使い慣れるようにする」ことは最も大切なことの1つです。

  1. スプーンは難しい
  2. 打てない
  3. だから使わない
  4. なので苦手意識が残ったままいつまでも慣れない

このパターンが非常に多いのです。

実際に私の生徒さんでも

女性ゴルファーさん
女性ゴルファーさん
スプーンは難しいし形が変だから打っていないです

という方が居ました。

ですが、その方のスイングを見ればスプーンを打つことは十分可能でした。

ですので、少しアドレスを整えて実際に打ってみたところ、女性で簡単に150ヤードは富んでいました。

女性がコースに行った時に、150ヤードをセカンドショットで打てればどんなに楽でしょうか?

皆さんにもこの感覚を絶対に覚えて欲しいのです。

 

ティーアップした状態でショットする

これは非常にシンプルな方法で、「スプーンをティーアップした状態でショットする・練習する」という方法です。

これだけで、スプーンショットの難易度が格段に軽減されます。

打球も上がりやすいですし、ミスショットの度合いも少なくなりますから。

  • コースのティーショットをスプーンで打ってみる
  • 練習場でティーアップしてショット練習する

どちらでも構いません。

スプーンに対する苦手意識を無くすにはとても有効な練習方法なので、ぜひ試してください。

 

ティーアップしていないドライバーだと思って打つ

この意識もとても有効な方法です。

どうしても「地面からスプーンを打つ」という行為自体に難易度を感じてしまう人が非常に多いです。

なので、アドレスやボールポジション、意識もドライバーだと思って打ってみてください。

ほとんどの人がその意識になると注意し、丁寧に打つようになります。

こうすることにより、ドライバーとスプーンのスイングを一定にする効果も出ることが1番のポイントでしょう。

たかが意識ですが、それはそのうちイメージとなりあなたを助けてくれるはずです。

 

まとめ:スプーンは難しいクラブじゃない!

いかがだったでしょうか?

スプーンに苦手意識を持っている人は非常に多く、私の生徒さんにも沢山居ました。

しかし、スプーンを使えるようになって「本当にゴルフが楽になった!」という方ばかりです。

スプーンは確かにユーティリティなどと比べると難易度は上がるのは事実。

しかし、しっかりとした対策と経験さえあればどんなに苦手な方でもちゃんと打てるようになります。

この記事で皆さんのスプーンに対する苦手意識が少しでも減れば幸いです。