スイング

【動画有り】チーピンに悩む方必見!現役ゴルフレッスンプロが修正方法伝授!

ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。

今回は【どうしてもチーピンしてしまう方へその修正方法を徹底説明!】という内容の記事となっております。

普通のチーピンが止まらなくなった方は、

  • どうしても左へ引っかかってしまう
  • なんでチーピンするのか理由が分からない

などと思うでしょう。

そこで、現役ゴルフレッスンプロでかつて現役の頃にチーピンにさんざん苦しんだ私が、この解決方法について説明します!

3分くらいで読める内容ですし、チーピンが出る理由について理解出来る可能性が高いので、ぜひご一読ください。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
しっかりと理由を知ることが大切です!

まず、なぜチーピンするのか理由を知ろう!

質問者さん
質問者さん
なんでチーピンするんだろう……
サカモトリョウ
サカモトリョウ
人によっていろいろな理由がありますが、共通点がしっかりあります!

チーピンはゴルファーがスコアをまとめる上で致命的なミスの1つです。

その影響は一発でOBになったり林の奥深くに突っ込んでしまったりするので、非常に悪い影響を与えるミスと言えるでしょう。

しかし、そのチーピンが出てしまう理由は人によって様々で、

  • 切り返しで右肩が下がってしまい、アッパースイングになりすぎる
  • インパクトでフェイスが思いっきり返ってしまう
  • インサイドアウトのスイング軌道が強過ぎる
  • 右手の力が強過ぎる
  • 左足に体重が乗らない
  • もしくは、この内の複数

などなど、多くの理由が考えられます。

しかし、基本的に共通していることが【インパクトでフェイスのトゥ側(先っぽの方)に当たってしまう】ということです。

どの理由からしても、最終的にインパクトでトゥ側にヒットして左への回転がかかり過ぎてしまうのがチーピンの大きな理由の1つ。

逆に言えば、「トゥ側に当たらないように配慮出来ればチーピンする確率を下げることが出来る」ということです。

その具体的な方法を次に説明していきましょう。


チーピンが怖いゴルファー必見!具体的な直し方紹介!

チーピンを防ぐ為にするべき対策は数多くありますが、私が日々レッスンをしていて特に効果の高い方法を紹介していきましょう!

始動を外に上げるようにバックスイング

基本的にチーピンはフック回転のかかった打球なので、インサイドアウトのスイング軌道で起きる可能性が高いと言えます。

その際は、ほとんどが始動の時点でインサイド気味にバックスイングをあげてしまう人が多いでしょう。

なので、始動の時に自分の頭の方に上げ始めるくらい外(アウトサイド)にバックスイングを上げてみましょう!

自分ではやり過ぎなくらいにするのがコツ!

以外と端から見るとあまり変わっていないものですからね。

とにかく大きなスライスを打つ

チーピンはフック回転からくるので、逆玉の大きなスライスを繰り返し打つことでチーピンに対して大きな抑止力となります。

私は基本ドローヒッターなのですが、フックはいつでも打てるので基本的に練習ではスライスの練習しかしません。

このように、ミスしやすい方の逆玉を打つというのは非常に良い練習となるので、せひ取り入れてみてください!

サカモトリョウ
サカモトリョウ
思いっきり逆玉を打つのがコツです



まとめ:

私も以前はチーピン持ちで、非常に辛いゴルフを数多く経験しました。

だからこそ、チーピンが非常に辛いといことはよく理解出来ます。

しかし、その克服方法はいくつもあるので、諦めず・熱くならずに改善に努めましょう!

いつか必ずその打球が良くなる日が来ますから。

その他ご質問ございましたら、お気軽にLINEご登録いただけますと幸いです。

友だち追加
11D GOLFのゴルフグッズ