スイング

【カップを見たまま素振りしよう】ゴルフレッスンプロが教えるパット練習方法!

ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。

今回は【カップを見ながら素振りをしよう!】という内容の記事となっております。

よくパッティングが苦手な方をレッスンしていると

  • パットが全然ダメでスコアにならない……
  • 3パットが多くて嫌になる
  • 最初パットの距離感が全く合わない
  • 短いショートパットもよく外す……

などという言葉をよく耳にしますね。

そこで、初心者から上級者までパッティングに対して苦手意識のあるゴルファーへ、「誰にでも効くパッティング上達のコツ」を伝授したいと思います。

レッスンをしていてほとんどの方が良くなる素晴らしい方法の1つですのですし、簡単に試すことが出来るのでぜひ活用してみてください!

サカモトリョウ
サカモトリョウ
非常にシンプルですが効果は絶大です!

下ではなくカップを見たままの素振りでパットの距離感が上がる!

質問者さん
質問者さん
素振りでパッティングが上手くなるの?
サカモトリョウ
サカモトリョウ
素振りの仕方で経験値の溜まり方が変わってくるんです!

パッティングをする際、ほとんどの方が素振りをすることでしょう。

しかし、そのほぼ全ての人が下を見たまま素振りをしているのです。

  • 実際の振り幅を見ている
  • ストロークがぶれていないか気になってしまう

などと考えている方も多いことでしょう。

確かにそれも正しいと言えます。

しかし、私のおすすめの素振りは「カップを見たまま連続素振りをして、そのタイミング・力感・インパクトの強さで打つ」というルーティーンです。

カップを見ながら連息で素振りし、

「これくらいかな?これくらいかな?」

と、少しづつ距離感のイメージを合わせていきます。

そして、そのイメージと素振りのまま強さのままストロークする。

その結果、そのパッティングが弱かったり強かったりしたとしてもその経験がどんどん積み重なっていき、自分の慣性・フィーリングが鋭くなっていくのです。

しかし、下を見たままの素振りだと、この「イメージ」を培う練習が弱くなってしまう訳ですね。

ゴルフはミスのスポーツなので、パッティングももちろんミスすることも多いでしょう。

しかし、そのミスを少しでも経験値にすることが成長の為には最重要と言えます。

特にパットはフィーリングが他のショットよりも精密に求められるので、ぜひこのルーティーンを取り入れて自分の感性を高めましょう!

ゴルファーにとってパットは最重要の1つ!成長に繋がる練習と素振りをしよう!

パッティングは、ほとんど必ずボールをカップに入れる最後のストロークとなるショットです。

ですので、このパッティングに違和感や苦手意識があったとしたなら、スコアに悪影響を与える可能性が非常に高くなってしまいます。

「パッティングは全部入るつもりで打て!」

とまでは言いません。

しかし、出来るだけ違和感や苦手意識が少なくなるように、普段の練習やルーティーンを作って欲しいのです。

この素振りの方法を使って、皆さんが少しでもパッティングに対して良いイメージを作れることを祈っています。

【ゴルフ上達を本気で願っているあなたへ!】

現役ゴルフレッスンプロ「サカモトリョウ」によるオンラインレッスンの申し込みはこちら!

ゴルフが最高に楽しくなる【サカゴルレッスン】動画・練習場・ラウンドで上達速度を何倍にも上げよう!現役でゴルフレッスンプロをしているサカモトリョウです。 レッスンを受けると ゴルフ上達のスピードが早まる 今自分の...

その他ご質問ございましたら、お気軽にLINEご登録いただけますと幸いです。

友だち追加