スイング

力は入れても良い!現役ゴルフレッスンプロが飛距離へ繋がる方法伝授!

ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。

今回の記事は【力を抜けと良く言うが、力を入れても良い場所やポイントがある!】という内容の記事となっています。

※文章が苦手な方はこちらの動画に内容の一部をまとめていますのでご覧ください。

(動画編集中)

一般的なゴルファーは

  • 力は抜けとよく言われる
  • 抜こうとしてもどうしても力が入ってしまう

などと思うことでしょう。

どこで、力を入れても良い場所やスイング中のタイミングを現役ゴルフレッスンプロの私がお教えします!

具体的には

  • ゴルフスイングで力を入れても良いタイミングは「切り返し」
  • 逆にゴルフスイング中アドレスからバックスイングでは出来る限り力を抜こう

の順番で説明します。

3分くらいで読める内容ですし、スイング中の力を入れるタイミングについて理解出来る可能性が高いので、ぜひご一読ください!

サカモトリョウ
サカモトリョウ
力を抜くのよりも入れても良いポイントを理解しよう!

ゴルフスイングで力を入れても良いタイミングは「切り返し」

質問者さん
質問者さん
スイング中は力を入れてもいいの?
サカモトリョウ
サカモトリョウ
切り返しのポイントで力を入れていこう!

スイング中に

「もっと力を抜け!」

と、言われることは多いでしょう。

しかし、スイング中のバックスイングからフォロースイングにかけての「切り返し」では力を入れていいと言えます。

ここで力を入れることによって、インパクトでの出力が増し、飛距離へと繋げることができます。

全体で力を抜かず、しっかりと切り返しで力を発揮出来るようにしましょう!

サカモトリョウ
サカモトリョウ
飛距離を伸ばすには必須と言える出力の出し方です!

逆にゴルフスイング中アドレスからバックスイングでは出来る限り力を抜こう

質問者さん
質問者さん
じゃあ、力を抜けってよく言うのはどうなの?
サカモトリョウ
サカモトリョウ
逆に、バックスイングなどの切り返し前の段階では出来る限り脱力しよう

切り返しでしっかりと力を発揮する為には、バックスイングやアドレスなどの事前準備段階で力を抜くことが大切となってきます。

ここで力が必要以上に入ってしまうと、切り返しで逆に力が抜けてしまうからです。

この逆のパターンは非常に多くのアマチュアゴルファーに多い傾向なので、しっかりと対応していきましょう!

サカモトリョウ
サカモトリョウ
バックスイングの方が力むのはアマチュアあるあるなんです

まとめ:ゴルフスイングでは切り返しで力を入れ、他では脱力を意識しよう!

  • ゴルフスイングで力を入れても良いタイミングは「切り返し」
  • 逆にゴルフスイング中アドレスからバックスイングでは出来る限り力を抜こう

「もっと力を抜け!」

ゴルフではよく言われることなのですが、スイング中の力を入れても良い・入れるべきポイントはあります。

切り返しでしっかりと力を咥えることで、飛距離へと繋がる出力を出すことが出来るのです。

しっかりと

  • 力を入れるべきポイント
  • 脱力すべきポイント

の両方を理解し、実践してみましょう!