ゴルフクラブ

現役ゴルフレッスンプロが教えるスコア90を切る為のドライバー選択

ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。

今回はゴルフスコア90を切る為の講座:ドライバー編です。

※文章が苦手な方はこちらの動画にまとめていますので、ご覧ください。

(動画作成中)

スコア100を切れるようになってきたら「次は90を切れるようになりたい!」と思うことでしょう。

スコア100を切る為の7STEP講座はこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
【初心者向け】現役ゴルフレッスンプロのスコア100切りゴルフ講座7ステップゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。 ラウンドレッスンをしながらブログ・Twitter・youtubeで情報発信をしています。...

しかし

  • やっと100切れるようになったけど、ドライバーのいい・悪いの判断は正直つかないな…
  • 自分のスイングやクセは何となく分かってきたけど、どのドライバーがそれに合うかまでは判断出来ない
  • うまくいかないのが自分のスイングのせいなのか、ドライバーのせいなのか分からない

という考えが出てくるのは当然と言えるでしょう。

そこで、こんな疑問や不安を、現役レッスンプロである私の観点から解決いたします!

具体的には

  • 自分のクセに合ったクラブを選ぼう
  • スイングスピードを見直して、シャフトの違いも少し考え始めよう

この順番で説明していきたいと思います。

5分前後で読める内容ですし、90切りを目指す最初の一歩として大きく踏み出せる可能性が高いので、ぜひご一読ください!

サカモトリョウ
サカモトリョウ
100を定期的に切れるようになったら、あなたはすでに「ゴルフ中級者」です!次のステップを目指しましょう!

ゴルフクラブ:ドライバーは自分のクセに合ったクラブを選ぼう

この頃になると大体自分のゴルファーとしての「クセ」がなんとなく分かるようになってきます。

  • なんかドライバーはスライスが多いな…
  • アイアンでは少し左に飛ぶことが多い気がする
  • 100ヤードがあんまりグリーンオンしないな

などなど、自分のゴルフの傾向がおぼろげに見えてくるでしょう。

そこで、「そのクセをドライバーで補う」というステップに入っても良い頃合いです。

詳しく説明していきましょう。

自分の持ち玉が「フック」か「スライス」かでクラブを選ぼう。

ゴルフに慣れてくると、自分の打球の傾向が少しづつ見えてくるようになります。

自分の持ち玉が

  • フック系の打球
  • スライス系の打球

この2つのどちらかを認識しましょう。

これは、これからゴルフのスコアを作っていく上で非常に大きな要素となります。

自分の「持ち玉」を意識して、その上でクラブを再度選んでみましょう。

フックボールが持ち玉の方

フックボールが持ち玉という方は、基本的に右に出しやすいクラブが大切です。

そして、もしあなたがフック回転が強すぎることに悩んでいるのなら、ディープフェイスのヘッドであるドライバーをおすすめします。

フック回転で打ちたいけど、あまり曲がって来ないという方はシャローフェイスというように選んでいきましょう。

スライスボールが持ち玉の方

スライスボールが持ち玉という方は、基本的に左に出しやすいクラブが大切です。

そして、もしあなたがスライス回転が強すぎることに悩んでいるのなら、シャローフェイスのヘッドであるドライバーをおすすめします。

スライス回転で打ちたいけど、あまり曲がって来ないという方はディープフェイスというように選んでいきましょう。

基本的に、

  • 易しい初級者用クラブはフック回転
  • 難しい上級者用クラブはスライス回転

しやすい設計が多い。

というようになっているので、1つの目安とすると良いでしょう。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
クラブのヘッドで飛距離は変わると言われています。自分の持ち玉に合わせてセッティングしてみよう!

スイングスピードを見直して、シャフトの違いも少し考え始めよう

この頃になると「クラブを振る」という行為に慣れてくる頃です。

最初にクラブを振れなかった人は、クラブの重さや操作に慣れて振れるようになってきます。

反対に、野球経験のある人などの、ヘッドスピードがかなり速い人も、自分がゴルフをする上で打球を操作出来る範囲のスピードを認識してくる頃です。

そこで、自分が出せる、なおかつ制御出来るヘッドスピードに合わせてドライバーのシャフトを合わせてみましょう。

シャフトに対する基本的知識はこちらからどうぞ。

あわせて読みたい
レッスンプロが教えるゴルフクラブ:シャフトの硬さ(フレックス)解説レッスンプロのサカモトリョウです。 今回はシャフトの硬さについて説明したいと思います。 ※文章が苦手な方は、こちらの動画に内...

シャフトが自分のヘッドスピードに合うことによってスイングとクラブが連動し「タイミング」が合います。

そうすると、アイアンからウッドまで、誤差が少なくなり、よくある「アイアンが当たるけど、ウッド系が当たらない…」などの悩みが少なくなってきます。

特に、1番長いドライバーはシャフトのしなりが大きくなるので、どうしても他のクラブよりも調整が必要になってきます。

さらに、クラブと自分の生み出している力が連動することにより、ボールに伝わる力も大きくなっていきます。

「クラブと自分の体」のパワーを逃がさないクラブセッティングを考え始めても良いでしょう。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
最初はシャフトの硬さを「自分のヘッドスピードに合わせる」だけでいいので、シャフトをフィッティングしてみましょう

まとめ:初心者の頃とは違う!自分の持ち球やヘッドスピードでクラブを選んでみよう!

  • 自分のクセに合ったクラブを選ぼう
  • スイングスピードを見直して、シャフトの違いも少し考え始めよう

ゴルフはなかなか自分の技術が上がったと認識しづらいスポーツです。

その中でもスコアを定期的に100を切ってきたあなたは、

間違いなくゴルファーとして1つの階段を昇っています。

そのレベルアップした自分のゴルフに見合ったクラブをきちんと選んであげましょう。

目指すは、次のステップ!スコア90を切る準備をしていきましょう!