アドレス

【画像付き】クローズスタンスを現役ゴルフレッスンプロが簡単解説!

ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。

今回は【クローズスタンスについての基本説明】という内容の記事となっております。

※文章が苦手な方はこちらの動画に内容の一部をまとめていますのでご覧ください。

(動画編集中)

一般的にクローズスタンスと聞くと

  • あまり聞いたことが無い
  • 自然とクローズスタンスになりすぎて注意されたことがある
  • クローズスタンスのなにが良くて何がダメなの?

というように思うでしょう。

そこで、現役ゴルフレッスンプロの観点からこれらの疑問にお答えします。

具体的には

  • ゴルフのクローズスタンスとは足の方向を右に向かせる構え方のこと
  • クローズスタンスのメリット・デメリット
  • クローズスタンスがおすすめな人

の順番で説明します。

5分くらいで読める内容ですし、クローズスタンスについて理解できる可能性が高いのでぜひご一読ください。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
クローズスタンスはおすすめしたい方がいっぱいの構え方です!

ゴルフのクローズスタンスとは足の方向を右に向かせる構え方のこと

クローズスタンスとは、両足を平行ではなく右足を後ろに引く、もしくは左足を前に出すことによって足の方向だけ右に向いているように立つ構え方のことです。

逆のオープンスタンスについてはこちらの記事で紹介しています。

(記事製作中)

クローズスタンスはオープンスタンスと並んでポピュラーな構え方の1つなので、ぜひ覚えておきましょう。

あくまで「足の方向」での話しです。

足に釣られて腰や肩のラインまで右に向いてしまうとクローズスタンスではなく、ただ「右に向いているだけ」となってしまうのでご注意ください。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
クローズスタンスを覚えておくことで、いろいろショットに応用出来るようになります

クローズスタンスのメリット・デメリット

質問者さん
質問者さん
実際にクローズスタンスでどんなメリットやデメリットがあるの?
サカモトリョウ
サカモトリョウ
たくさんありますが、それぞれ代表的なものを紹介しましょう!

クローズスタンスのメリット

まずはクローズスタンスのメリットについて説明します。

1つずつ紹介しましょう。

インサイドにバックスイングしやすくなる

クローズスタンスに構えることにより、バックスイングで右足よりに引かれてインサイドに上げやすくなります。

フォローで突っ込みにくくなる・左サイドに壁を作りやすい

クローズスタンスにすることにより、フォローで頭が左サイドに行き過ぎてしまう、いわゆる「突っ込み」を軽減することができます。

これは「左サイドに壁を作りやすい」などとも言います。

全体的にスライスの防止になる

全体的にクローズスタンスによるメリットは、スライスの防止や軽減に役立つものが多いです。

クローズスタンスのデメリット

次にクローズスタンスによりデメリットも紹介しておきます。

切り返しで右肩が下がりやすい

バックスイングからフォローにかけての「切り返し」の部分で、右肩が下がりやすいというデメリットがあります。

打球が上がりにくい

クローズスタンスにすると、ボールをこすりづらくなりスライスの軽減に繋がることが多いのですが、その分フェイスが開かないので打球が低くなる可能性があります。

シャンクが出やすい

もしシャンクに悩んでいる人は注意しましょう。

クローズスタンスはバックスイングがインサイドに上がりやすくなるので、シャンクが多くなる人もいます。

もちろん、合う・合わないは人それぞれですが、自分にとってメリットとデメリットのどちらが多くなるか試してみましょう。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
私はアプローチ以外はクローズスタンスでよくショットします!

クローズスタンスがおすすめな人・おすすめしない人

質問者さん
質問者さん
じゃあ、どういう人にクローズスタンスをおすすめするの?
サカモトリョウ
サカモトリョウ
こちらもおすすめする人・出来ない人に分けて紹介しますね!

クローズスタンスをおすすめするタイプのゴルファー

まずはおすすめ出来る人のタイプを紹介していきましょう。

力があまり無い人

力にあまり自信の無い人にはおすすめです。

どちらかというとフェイスが閉じて当たりやすいので、ランによりうまく距離を稼ぐことが出来る可能性が高いからです。

柔軟性があまり無い人

クローズスタンスはバックスイング側に空間が大きく空く構え方なので、バックスイングが上げやすいという性質があります。

なので、柔軟性にあまり自信の無い方。

いわゆる、体が硬い方にはおすすめです。

スライスが強くて悩んでいる人

基本的にフェイスが開きづらいスタンスなので、スライスが強過ぎて悩んでいる人にはおすすめです。

クローズスタンスをおすすめしないタイプのゴルファー

次にクローズスタンスをあまりおすすめしないタイプのゴルファーはどういった人なのかを紹介していきましょう。

打球を上げたい方

基本的に打球は低く出やすいので、どうしても打球を上げたい方にはおすすめしません。

フックが強くて悩んでいる方

フック系の曲がりが大きい方にはあまりおすすめしません。

フェイスを閉じやすいスタンスなので、逆に強くなってしまう恐れがあります。

これらはあくまで「目安」に過ぎませんが、ある程度傾向はみな似ているのでぜひ参考にしてみてください!

サカモトリョウ
サカモトリョウ
自分に合っていて打ちやすければ、この傾向と違っていても構いませんよ?

まとめ:クローズスタンスは女性や高齢の方には特におすすめ!

  • ゴルフのクローズスタンスとは足の方向を右に向かせる構え方のこと
  • クローズスタンスのメリット・デメリット
  • クローズスタンスがおすすめな人

ゴルフには大まかに分けると

  • スクエアスタンス(真っすぐに構える基本的なスタンス)
  • クローズスタンス(足を右に向けるスタンス)
  • オープンスタンス(足を左に向けるスタンス)

の3種のスタンスに別れます。

特にクローズスタンスは、高齢の方や女性のような出力をなかなか出しづらい人にも向いているスタンスです。

しかし、ここに書いたのはあくまで1指針に過ぎません。

それぞれの良さを活かして、自分に合うスタンスを見つけてみましょう!