スイング

現役ゴルフレッスンプロがおすすめ【フォローの出し方】を紹介!

ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。
@sakamotoryogolf

今回は【フォローの振り抜き方】という内容の記事となっております。

※文章が苦手な方はこちらの動画に内容の一部を紹介していますのでご覧ください。

 

一般的にアマチュアの方は、

  • バックスイングばかり気になってしまう
  • フォローのことはあまり考えていない
  • どうやってフォローを出すのが正解か分からない

という方が多いことでしょう。

そこで、現役ゴルフレッスンプロの私が、これらの疑問を解決いたします!

数分で読める内容ですし、フォローの出し方について理解出来る可能性が高いので、ぜひご一読ください!

サカモトリョウ
サカモトリョウ
フォローは以外に大切な要素なんですよ?

 

フォローは腰の位置で手の甲が正面に向くように振り抜こう!

質問者さん
質問者さん
フォローってどういう風に出せば正解なの?
サカモトリョウ
サカモトリョウ
基本的には腰辺りの位置で手の甲が正面を向くように出したいですね

バックスイングのことは、

  • どっちに上げれば良いのか?
  • どのような力感が正しいのか
  • 手の力で上げてないか?

などと考えることが多いですよね?

ですが、フォローの出す方向について考えている人は非常に少ないと言えるでしょう。

しかし、フォローはとても大事な要素で、このことを考えるだけで方向性が良くなったりすることも多いんです。

現に、私の生徒さんでもフォローのイメージを作るだけで極端に打球が曲がらなくなった生徒さんも多いですね。

普段意識することの少ないフォローサイドですが、そこを意識することにより丁寧なスイングになって、フェースコントロールもしやすくなる傾向が強いんです。

そこでおすすめしている練習方法が、

バックスイングとフォローを相対的に考えて、腰の位置では手の甲が正面に来るようにハーフショットで練習してみましょう!

自分がどこの軌道でショットすれば良いかの基礎になることが出来るので、調子が悪くなってもここに戻ることが出来ます。

これはゴルフを長期間していくに連れて、非常に大きなポイントの1つになりますね!

是非試してみてください。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
フォローの意識は普段から私も気をつけています

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

「バックスイングはいつも気をつけているけど、フォローサイドはあまり気にしたことが無い」

そんな方も多いのでは無いでしょうか?

しかし、そのフォローこそスコアメイクに重要な要素だったりするんです。

自分が現状でどのようなフォローになっていて、目指すべきフォローの振り抜き方はどのような形なのか?

しっかりと理解して、今の自分のままでスコアアップ出来る方法を学んでいきましょう!

 

11D GOLFのゴルフグッズ