状況判断・戦略

【左足下がり:ダウンヒル】ゴルフレッスンプロが傾斜の打ち方【3選】を徹底紹介

ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。

今回は【左足下がり(ダウンヒル)のおすすめ対応ベスト3を徹底説明】という内容の記事となっております。

多くのゴルファーが、

  • ゴルフ場だとライが真っすぐじゃないから普通に打てない
  • 左足下がり(ダウンヒル)のミスが目立つ
  • どうやって対応したら良いのか分からない……

と思う方も多いことでしょう。

そこで、レッスンプロの私がこれらの疑問を解消し、対策方法を3選してご紹介したいと思います。

3分ほどで読める内容ですし、左足下がりの具体的な方法が理解出来る可能性が高いので、ぜひご一読ください。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
傾斜の対応は必須です!必ず覚えましょう!

 

まず、左足下がりの傾斜の特徴を覚えよう!

最初に、左足下がりの傾斜の特徴を覚えておきましょう。

打球が上がりにくい

ますは「打球が上がりにくい」ことを理解しておきましょう。

足場が目標方向に下がっているので、打球の最初の出だし(初弾道)が下がるので、必然的に平のライよりも打球は低くなるのが普通です。

バンカー越えのショットなどでは特にキャリーが重要になってくるので、しっかり覚えておきましょう。

 

スライス回転しやすい

人にもよるのですが、基本的にスライス回転がかかりやすい人が多いでしょう。

ただ、持つクラブや人の持ち玉によってこれは変わるので、「少し頭に入れておく」ぐらいで良いです。

 

入射角が鋭角に入りやすい

ダウンヒルでは、下からアッパー気味にショットしようとするとダフってしまうので、基本的には上から鋭角的な入射角になりやすいです。

その方が無難に打てるので、ダウンヒルの特徴として覚えておきましょう。

 

飛距離を出しやすい

基本的にアイアンなどは鋭角に入りやすいので、いわゆるパンチショットのようなショットになりやすいので飛距離が大きく出ることがあります。

セカンドショットで長い番手を持ち過ぎないように気をつけましょう。

 

サカモトリョウ
サカモトリョウ
しっかりと左足下がりの特徴を覚えておきましょう!

 

ゴルフレッスンプロが教える「左足下がり傾斜」の具体的対策方法ベスト3!

左足下がりの対策としてはいくつも種類があり、人によってしっくり来るものが違ったりします。

その中で、私が普段からレッスンしていておすすめのものを今回は3選してご紹介していきすので、ぜひ参考にしてみてください。

 

①状態をしっかり左に傾ける

左足下がりは右足に体重が残っていると極端にダフりやすくなってしまいます。

なので、しっかりとアドレスの時点でしっかりと左に身体を傾けておきましょう。

こうすることにより地面に対して平行に構えることが出来るので、ダウンヒルのライに対応しやすくなります。

 

②右足を引いて構える

2つめは「右足を引いてアドレスしておく」ことです。

右足をアドレスの時点で引いておくことにより、バックスイングが非常に上げやすくなります。

 

③かなり左に向く

3つ目は「アドレスの時点でかなり左に向く!」という方法です。

大きく左に向いておくことで、スライスしてもいい状況を作ることにより、絶対に左に飛ばない状況をアドレスを作っておきます。

特にフェアウェイウッドのような長いクラブでダウンヒルを打つ際に非常に有効な大作なので、ぜひ試してみてください。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
自分に合う対策を見つけてみてください!

 

まとめ:右足下がりの傾斜は対策次第で打てる!

いかがだったでしょうか?

聞いたことがある対策もあれば、全く初耳の方法もあったことかと思います。

まだまだ方法はありますが、私が普段レッスンをしていて非常におすすめ出来るものを抜粋しました。

ぜひ、次のラウンドで試してみてください。