状況判断・戦略

現役ゴルフレッスンプロが教える90を切る為の【短所理解と改善点】

ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。

今回はスコア90を切る為の自分のスイングの短所と改善点を理解しよう。

というコンセプトの記事となります。

ゴルフに慣れてくると、

  • どこがダメなんだろう?
  • いつも同じようなミスをしている気がする……
  • ミスがなんで出るのか理由が分からない

といった、自分のスイングのマイナスポイントが分からなくなったりします。

「ミスしそうなのは何となく分かるけど、その原因が分からない」

ということになりやすいんです。

ですが、スコア100を切れるようになった状態なら、以前は理解出来なかったことや、実感出来なかったミスの原因や対策が今なら出来るはずです。

そこのポイントを意識しましょう。

具体的な説明は

  1. ゴルフでの自分の短所と改善点を理解しよう
  2. ゴルフでの自分の短所をどうやって改善するか:直す先は「打ちたいショットが出せる自分のスイング」

の順番で説明していきます。

ゴルフはミスのスポーツなので、マイナスな面を見ているとキリが無くなってしまいます。

だんだんそれにつられて精神面も苦しくなっていってしまいます。

しかし、自分の改善点が理解出来なければ、どこを意識して練習すればいいのか分からなくなってしまうんです。

自分のスイングの短所と改善点はどこにあるのか。

それらを理解出来る可能性が高いので、ぜひご一読ください。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
ゴルフはミスのスポーツだからこそ、短所をしっかりと理解して、自分の改善すべきところを理解ておきましょう。

ゴルフでの自分の短所と改善点を理解しよう

ゴルフはミスのスポーツなので、ミスを意識し過ぎるとろくなことがありません。

しかし、100を切れるようになったところで

「こういったミスショットが自分には多いな…」

という傾向が出てきている頃です。

  • 緊張するとダフりやすい
  • パットでフックラインの方が入らない…
  • ドライバーだけ右に飛びやすい
  • アプローチが苦手でダフったりトップしたりする
  • バンカーがどうしても1回じゃ出ない

など、言い出したらキリがありませんが、自分がどういった状況で、どういったミスが出やすいのかを理解しておきましょう。

それを前もって理解しておくだけで、非常に大きな情報となって自分を助けてくれるでしょう。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
もし本気で上級者を目指すのなら、「データ」としてパーセンテージを出してみましょう。驚くほど結果が一方向に寄っていたりします

ゴルフでの自分の短所をどうやって改善するか:直す先は「打ちたいショットが出せる自分のスイング」

ゴルフでの自分の短所を、実際にどう直すか、補うかが問題です。

しかし、ここで1つ覚えていて欲しいことがあります。

それが「直すのはカッコいいスイングの形にでは無く、打ちたいショットが出せるスイングに直す」ということです。

ついついスイングを直すというと、「プロのようなカッコいいスイング」を求めてしまいがちです。

しかし、それは所詮「他人のスイング」でしか無いんです。

よほどやり込まないと、最終的には違和感のあるスイングになってしまいます。

形ではなく「自分のスイング」を成長させましょう。

自分のスイングで

  • フックするならフェイスをアドレスで開いておく
  • ダフりやすいならボールを右にセットアップしておく

などの対処をすることで、違和感の無いゴルフを作ることができるでしょう。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
「直す」というより自分のスイングを「色付ける」というイメージです

まとめ:短所を補ってスコアに繋げよう

  • ゴルフでの自分の短所と改善点を理解しよう
  • ゴルフでの自分の短所をどうやって改善するか:直す先は「打ちたいショットが出せる自分のスイング」

自分の短所という言い方よりも「自分の色」はどんなスイング・ショットかというイメージが1番いいかもしれません。

あなたのスイングを磨き上げた先に、本当のカッコいいスイングがあるのです。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
スコア90を切る為には、「自分」を理解するというのは非常に重要であると理解しておきましょう。