ゴルフ場・練習場

【人工マットと芝の違い】現役ゴルフレッスンプロが具体的解説!

ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。

今回は【人工マットと芝の違いを認識しよう!】という内容の記事となっております。

※文章が苦手な方はこちらの動画に内容の一部をまとめておりますのでご覧ください。

(動画編集中)

人工マットと天然芝について、一般的なゴルファーは

  • なにが違うのかよくわからない
  • 練習場で良かったのにゴルフ場では調子が悪くなる理由と関係あるの?
  • 実際にどうすれば良いの?

などと思うことでしょう。

そこで、現役ゴルフレッスンプロの観点からこれらの疑問にお答えしたいと思います。

具体的には

  • ゴルフ練習場の人工マット:長所・短所
  • ゴルフ場ラウンドの天然芝:長所・短所
  • 人工マットと芝:それぞれのショット対応

の順番で説明します。

5分くらいで読める内容ですし、人工マットと芝でのショットの違いについて理解出来る可能性が高いので、ぜひご一読ください!

サカモトリョウ
サカモトリョウ
この2つの違いを理解しておくことで、自分のミスの傾向がはっきりしたりするんです

ゴルフ練習場の人工マット:長所・短所

質問者さん
質問者さん
練習場での人工マットではショットにどういう影響があるの?
サカモトリョウ
サカモトリョウ
簡単に言うと「楽に打てる」ということです

ゴルフ練習場、いわゆる「打ちっぱなし」では主にショット練習が出来ます。

練習場の基本知識はこちら。

あわせて読みたい
初めてのゴルフ練習場(打ちっぱなし)利用方法。持ち物、マナー、料金についてレッスンプロのサカモトリョウです。 ゴルフをするのなら、とりあえず練習場に行かないと行けません。 いきなりゴルフ場に行く人も...

しかし、実際のゴルフ場とは違い天然の芝生の上からではなく人工マットの上から打つので、そのメリット・デメリットもあります。

それぞれ説明しましょう。

ゴルフ練習場:人工マットの長所

打ちっぱなしで主に使われている人工マットでは多くのメリットがありますが、代表的なのが

  • 下が硬いので多少ダフってもソールが滑ってボールにヒットする
  • マットの線がターゲットの代わりになるので、どこに構えているのか見やすくアドレスが崩れにくい
  • ミスが補正を受けやすいので自信がつく
  • クラブが汚れづらい

などがあります。

ゴルフ練習場:人工マットの短所

逆に人工マットのデメリットは、

  • 下が硬いのでショットの際に体への負担が大きい
  • 実際にそのショットがナイスショットかミス気味だったのか、判断が難しい
  • マットの線があるので、ターゲット意識が薄れる

などがあります。

出来る限り対策しておきましょう。

天然芝から打てる練習場もあります。

数は少ないですが実践に似た状況での練習を望めるので、近くにある方はぜひ利用してみましょう!

サカモトリョウ
サカモトリョウ
練習場はゴルファーにとって欠かせない練習環境!その特徴をしっかり把握しておこう!

ゴルフ場ラウンドの天然芝:長所・短所

質問者さん
質問者さん
じゃあ、芝でのショットはどうなの?
サカモトリョウ
サカモトリョウ
芝でのショットは「ごまかしが効かない」ということですね

ゴルフ場で打つことになる芝生の上でのショットにも、もちろん特徴があります。

ゴルフ場:天然芝での長所

ゴルフ場の芝生で打つショットのメリットは、

  • 下が柔らかいので体への負担が少ない
  • ダフると全く飛ばないので、ミスショットがしっかり把握できる

などがあります。

ゴルフ場:天然芝での短所

逆の短所としては、

  • ミスがはっきりするので自信を付けにくい
  • 芝の長さが毎回違うので、回転が不規則になることがある
  • 練習場所が少なく、ゴルフ場に行かないと打てないことが多い
  • クラブが汚れやすい

などがあります。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
ゴルフ場の芝がゴルフのメイン!しっかり対応しよう!

人工マットと芝:それぞれのショット対応

質問者さん
質問者さん
違いは分かったけど、どうやって対応すればいいの?
サカモトリョウ
サカモトリョウ
これからはそれぞれの具体的なショット対応を説明しましょう!

では、実際問題どうやって対応すればいいのか?

それぞれ説明します。

人工マットのショット対応

人工マットでのショットの時は

  • 下が硬いので滑ることを意識して振る
  • 多少ボールポジションが左でも打ちやすい
  • 滑ることを意識して高い打球を練習する
  • ウッド系のクラブ性能を活かして、ソール部分を滑らせるように打つ

などがおすすめです。

芝生でのショット対応

芝生でのショット対応は

  • ダフると飛ばないので、リーディングエッジからボールにコンタクトする意識を持つ
  • 多少ボールポジションを右めにする方が打ちやすい
  • 低めの打球意識が適している

などが代表的な対応です。

まとめ:ゴルフで人工マットと芝ではショットでの結果が異なることを理解しておこう!

  • ゴルフ練習場の人工マット:長所・短所
  • ゴルフ場ラウンドの天然芝:長所・短所
  • 人工マットと芝:それぞれのショット対応

人工マットは練習場、芝生はゴルフ場でのラウンドでそれぞれ打ちます。

この2つはゴルファーなら避けては通れないものです。

とりあえず

  • 練習場の人工マットはダフってもある程度飛距離が出る
  • ゴルフ場の芝はダフると飛距離がかなり削られる

と覚えておけば間違いないでしょう。

それぞれの特徴をしっかりと理解して、自分の成長率をさらに上げられるようにしていきましょう!