ゴルフ場・練習場

初めてのゴルフ練習場(打ちっぱなし)利用方法。持ち物、マナー、料金について

レッスンプロのサカモトリョウです。

ゴルフをするのなら、とりあえず練習場に行かないと行けません。

いきなりゴルフ場に行く人もごくまれにいますが、正直無謀です。

ゴルフ練習場(打ちっぱなし)に初めて行く方は、

  • 打ちっぱなしって聞いたことあるけど・・・
  • クラブは自分で持っていかないと行けないのかな?
  • 他に何かいるものは?
  • そもそもいくらくらいかかるの?

などの疑問が出るでしょう。

そこで、ゴルフ初心者向けのゴルフ練習場(打ちっぱなし)についてまとめていきたいと思います。

初めて行っても気軽に練習できるように、出来る限り簡単に説明していきますので安心してください。

ゴルフ講座のまとめはこちらです。

あわせて読みたい
【初心者向け】現役ゴルフレッスンプロのスコア100切りゴルフ講座7ステップゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。 ラウンドレッスンをしながらブログ・Twitter・youtubeで情報発信をしています。...

ゴルフ練習場(打ちっぱなし)はショットを練習するところ

そもそも、ゴルフの練習場、打ちっぱなしとよく呼ばれる所はどういう所でしょうか?

そこから分かりやすく説明していきたいと思います。

ゴルフにおける、ショット(実際に玉を打つこと)をメインに練習する場所(バンカー、アプローチ、パットの練習が出来る所もある)

です。

これだけです。とっても単純ですよね?

それでは実際に仕様する際の詳細も説明していきましょう。

ゴルフ練習場(打ちっぱなし)に必要な物

ゴルフ練習場にはは実際のゴルフ場と違い、持っていか無ければならない物や、着ていかなければ行けない服装の縛りも少ないので説明していきましょう。

  1. ゴルフ練習場にはグローブを基本的に持っていこう
  2. ゴルフ練習場は動きやすい格好で行こう

この2つだけなので、説明していきます。

ゴルフ練習場にはグローブを基本的に持っていこう

練習場に行くのなら、グローブを出来れば持っていきましょう。

素手でも出来ますし、グローブを決してつけないプロもいるのですが、初心者の内はなかなか芯に当たらないため、手への衝撃が強いので皮が剥けてしまうことがあります。

飛距離の面でも、グローブをつけた方が強く振れるのでおすすめです。

ゴルフにおいてグローブは基本左手だけなのですが、手の痛みや汚れが気になる方は両手につけてもまったく問題ありません。

特に女性の方は手がデリケートなので、両手につける人が多いですし、おすすめです。

ゴルフクラブが無くても、お金を払えばゴルフクラブもレンタルしてくれる練習場が多いです。

「自分のゴルフクラブが無いけど練習してみたい」という方は問い合わせしてみましょう。

練習場の受付のところでグローブなどの小物を販売している所も多いです。

これから複数回ゴルフをする機会があるのなら買ってしまいましょう。

ゴルフ練習場は動きやすい格好で行こう

動きやすければ何でも良いでしょう。

スポーツが出来る服装であれば、実際のゴルフ場と違い、ドレスコードを気にする必要はありません。

ただし、サンダルやヒール、革靴は止めておきましょう。

足を痛めたりする可能性があり、危険です。

こちらもレンタルが大体の練習場であるので、もし靴が手元に無い場合は聞いてみましょう。

ゴルフ練習場(打ちっぱなし)の利用手順

ゴルフ練習場にはやらなければいけない手順も少ないので、安心して行ってみましょう。

  1. ゴルフ練習場に着いたら受付に行って手続きをする
  2. 打つ球をプリベイドカードか自販機で買う

の2つだけなので説明いたします。

利用手順①:ゴルフ練習場に着いたら受付に行って手続きをする

ゴルフ練習場に行ってやることは、受け付けにいって手続きすることです。

ここでプリペイドカードを買ったり、打ち放題のプランにするかなどの手続きをします。

もしクラブやシューズが無い場合は、ここでレンタルを申し込みましょう。

初めての場合は、しっかり「利用するのが初めてです」と言っておくと良いでしょう。

ちゃんと丁寧に説明してくれます。

打席を指定してくる所も多いので、間違いの無いようにしましょう。

利用手順②:打つ球をプリベイドカードか自販機で買う

練習場での球は、打席の近くに置いてある専用の自販機で買うか、プイペイドカードを打席の機械に入れると、自動的に打席の下から毎回球が出てくる形式かの2パターンがほとんどです。

もちろん打った球を拾ってくる必要もありません。

まさしく「打ちっぱなし」ですね。

もしプリペイドカードで球を買っている場合は、球を打ち切れなかったとしてもそのままカードを抜いて持って帰れば大丈夫です。
(ちょっと使った後のテレフォンカードと同じです)

ただし、販売機で買った球は使い切りになってしまうため、置いていくしかないので注意です。

あとは打ちっぱなしを楽しみましょう。

ゴルフ練習場では他人にかける迷惑と危険に注意。守るべきルールとマナー

これは簡単にまとめると、だいたいゴルフ場と同じな点も多いのですが、

  1. 人に迷惑をかけない
  2. 人を不快な気持ちにさせない
  3. 危険なことをしない

という3点に分類されることです。

①:人に迷惑をかけない

  • うるさくしない
  • タバコは喫煙可能な打席で

など、ごくごく当たり前のことですね。

②:人を不快な気持ちにさせない

ゴルフ練習場にはたいていおしぼりが置いてあります。
(今はボタンで出る自動の濡れティッシュのようなタイプが増えました)

休憩や帰る時、グローブを外した手を拭くために用意されているものです。

ですが、クラブのグリップやシャフト、クラブヘッドを拭いている人がたまにいます。

もしこれが普通の布タオルだったら、2度と使えなくなってしまうので大変練習場の人たちに迷惑をかけてしまいます。

練習場によっては手を拭くおしぼりとは別に、クラブなどを拭くための布を用意しています。

クラブを拭く場合は、自分でタオルを持参するか、練習場がクラブ用に用意したタオルを使いましょう。

③:危険なことをしない

練習場とはいえ、鉄の棒を振り回していることには変わりません。

周りには絶対に危なくないように振りましょう。

特に、お子さんを連れて来る人はかなりの注意が必要です。

目を離した隙に、他のお客さんの打席に入ってしまう恐れがあるので、絶対に目を離さないようにしましょう。

ゴルフ練習場(打ちっぱなし)の料金は大体「1球:5〜10円」

これは場所や土地柄、時間帯によってバラバラなのですが、基本的には1球5〜10円の場所がほとんどです。

東京などの、立地の相場が高い場所は総じて値段が高く、1球30円オーバーのところもあります。

入場料が別のことろもあるので、練習場のHPや電話などで事前に確認しておきましょう。

1球ずつのプランや、時間限定の打ち放題プランなど、練習場によって様々な形式があります。

また、プリペイドカードを事前に購入して支払いをする所もかなり多いので、それも確認しましょう。(余った球数はカードを持っていればまた後日使えます。)

都内などを除けば、だいたい1000〜1500円で十分練習できます。

ゴルフ練習場(打ちっぱなし)の営業時間は基本的に「8〜10時から22〜23時」まで

こちらもその場所によってさまざまですが、基本的には8〜10時から22〜23時までがほとんどでしょう。

確実な時間帯が知りたい場合は、HPか電話で確認しましょう。

ゴルフ練習場には「早朝営業」という朝の営業時間帯があります。

実際のゴルフ場に行く人たちが、スタート前に練習する需要がある為です。

早い所だと「日の出から」なんてところもありますが、だいたいは6〜6時半の練習場が多いです。

早朝練習は受付けを通さないところがほとんどです。

早朝用の入り口が必ずあるので、良く周りを見てみましょう。

受付を通さないので、プリペイドカードは自販機が置いてある場合が多いです。

その他ボールを買うシステムはほとんどどこかに説明が書いてあるので、探すか聞いてみましょう。

【まとめ】練習場では気楽にショット練習しよう

  • ゴルフ練習場(打ちっぱなし)はショットを練習するところ
  • ゴルフクラブ以外にグローブは持っていこう
  • 練習場は動きやすい格好で
  • まず受付に行って手続きする
  • ゴルフ練習場(打ちっぱなし)の料金は大体「1球:5〜10円」
  • ゴルフ練習場(打ちっぱなし)の営業時間は基本的に「8〜10時から22〜23時」まで
  • 打つ球はプリベイドカードか自販機で購入

これで練習場の基本知識は十分です。

ゴルフ練習場・打ちっぱなしは、服装を始めとしてゴルフ場に比べると遥かにマナー的には優しいです。

しかし、やはり練習場とはいえゴルフはマナーを尊ぶスポーツです。

【周りを尊重する気持ち】

さえ持っていれさえすれば、好きなように練習しても大丈夫でしょう。

ゴルフ講座のまとめはこちらです。

あわせて読みたい
【初心者向け】現役ゴルフレッスンプロのスコア100切りゴルフ講座7ステップゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。 ラウンドレッスンをしながらブログ・Twitter・youtubeで情報発信をしています。...