スイング

現役ゴルフレッスンプロが教えるパットのスタンス幅:狭めのメリット

現役ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。

今回は【パッティングのスタンス幅:狭めのメリット紹介】という内容の記事となっております。

※文章が苦手な方はこちらの動画に内容の一部をまとめていますのでご覧ください。

【パットのスタンス幅狭めのおすすめ】現役ゴルフレッスンプロが解説!

 

ゴルファーの皆さんはパッティングのスタンス幅と聞いて

  • 1番最初に教えてもらったスタンス幅から変えていない
  • 肩幅が正しいと教わったからそのまま
  • あまり気にしたことが無い

などと考えている人も多いでしょう。

そこで、現役ゴルフレッスンプロの私がパッティングのスタンス幅についておすすめを紹介したいと思います。

具体的には

  • パットスタンス幅:狭めのおすすめポイントを紹介
  • パットスタンス幅:狭めの注意点を紹介

の順番で説明したいと思います。

3分くらいで読める内容ですし、パッティングスタンス幅について1つの目安となる可能性が高いので、ぜひご一読ください。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
私も最近は狭めでフィーリングを出しています!

ゴルフパットのスタンス幅:狭めのおすすめポイントを紹介

質問者さん
質問者さん
パッティングスタンスで狭めにすると、実際なにがいいの?
サカモトリョウ
サカモトリョウ
メリットはいっぱいありますが、代表的なものをいくつか紹介しましょう!

手のフィーリングが強くなり感覚が出しやすい

足幅を広くするとフィーリングの感覚が強くなる人が多いです。

私もその1人で、出来る限り素振りのフィーリングを崩したくないのでスタンス幅を狭めています。

アドレスを決めるのに時間がかかりにくい

アドレスでのスタンスを狭くしてストロークすると、アドレスを作って実際に打つまでの時間が短く済む可能性が高いです。

足幅を広げて決める時間が無い為です。

これもフィーリングを消さない為に役立ちます。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
この他にもたくさんのメリットやおすすめポイントがありますが、この2つが非常に大きいです

ゴルフパットのスタンス幅:狭めの注意点を紹介

質問者さん
質問者さん
じゃあ、スタンス幅は絶対狭めの方がいいんじゃない?
サカモトリョウ
サカモトリョウ
もちろん注意点もあります。具体的に説明しましょう!

どうしても軸が弱くなる

スタンス幅が狭いと土台が小さくなるのと同じなので、どうしても軸がぶれやすくなります。

そのため、強風の時などは体が揺れやすいので注意が必要となります。

力が緩みやすい

フィーリングが強くなりあまり時間をかけずに打てる分、どうしても力は入りづらい傾向があります。

そのため、力強いストロークにはあまり向かないでしょう。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
あくまで目安に過ぎませんが、傾向としてはこのようなことが多いです

まとめ:ゴルフの中でもパットは感性が最重要!自分のスタンス幅を模索しよう!

  • パットスタンス幅:狭めのおすすめポイントを紹介
  • パットスタンス幅:狭めの注意点を紹介

パッティングはゴルフの中でも特に感性が重要となってくる部分です。

したがって、ここに書いたことは1目安ですが必ず守ることはありません。

自分が

  • なんか入りそうな気がする
  • 思った所に打てそうな気がする

など、イメージが良ければそれがあなたにとっての【正解】なのです。

自分だけのパッティングを探してみましょう!