状況判断・戦略

ゴルフスコア90を切る為には【ダボ以上を打たない】ことが大切!

ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。

今回の記事は【スコア90を切る為には、ダボ以上を打たないことが大切!】という内容の記事となっています。

※文章が苦手な方はこちらの動画に内容をまとめていますので、ご覧ください。

(動画編集中)

このタイトルだけを見ると

質問者さん
質問者さん
そんなこと単純に言われても実践出来ないんじゃ……

と思うことでしょう。

しかし、【スコア90】とはどういったスコアかと言うと、【18ホール全てボギーで90】という風に置き換えることも出来るんです。

つまり、ダブルボギー以上のスコアを打たなければ、バーディーやパーが無くても90より多いスコアを打つ可能性が無いということなんです。

これを認識しているのとしていないのとでは、コース戦略の質が大きく変わるので、ぜひ覚えておきましょう!

具体的に、

  • 1つのダブルボギーは1つのパーで相殺出来ることを認識しておこう
  • ティーショットからダブルボギーを打たない戦略をたてよう

の順番で説明していきます。

数分で読める内容ですし、スコア90を切る為の役に立つ可能性が非常に高いので、ぜひご一読を!

サカモトリョウ
サカモトリョウ
とにかく大叩きしてしまうホールさえ無ければ、スコア90切りは目の前です!

1つのダブルボギーは1つのパーで相殺出来ることを認識しておこう

スコア90を切る為には、ボギーペースを軸に考えなければいけません。

そこで重要なのが、【1つのダブルボギーは、1つのパーで相殺出来る!】ということです。

例えば、1ラウンドで4つのダブルボギーがあったとしても、4つのパーがあって後がボギーだとするならば、「1ラウンド90」のスコアとなるわけです。

ここで重要なのは「ダブルボギーなら、1つのパーで相殺出来る」ということを理解しているということです。

それ以上を打たなければ、スコア90を切る上でそこまで障害となることは無い訳ですね。

必ずといっていいほど、ダブルボギーはラウンド中に出てしまうことがあるでしょう。

しかし、その分のパーをしっかりと取っていくことで、自分のミスの補正がどんどんと効いていくので、安心する材料とすることが出来るのです。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
とりあえず「ダブルボギー以上は取り返しが難しく、それまでは取り返しがつきやすい」と認識しておきましょう。

ティーショットからダブルボギーを打たない戦略をたてよう

最初に考えるべきことは「ダブルボギーを打たない為にどうすれば良いのか?」ということです。

  • ここは狭いからティーショットは気をつけないと、ハザードなどでダブルボギーの可能性が高まってしまう。
  • グリーンの傾斜が強いので、セカンドショットを考えて打たないと3パットの危険があり、結果ダブルボギーになる可能性が高い。

このようなことを、事前に察知出来るかどうかが大事なのです。

肝心なのは、行き当たりばったりではなく、「事前察知出来るかどうか」なのです。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
ティーショットの時点で、ダブルボギー以上の可能性を感じたらすぐに対策しておきましょう!

まとめ:バーディーやパーを取る意識より、ダブルボギー以上を打たない意識が重要!

  • 1つのダブルボギーは1つのパーで相殺出来ることを認識しておこう
  • ティーショットからダブルボギーを打たない戦略をたてよう

とにかく「ダブルボギー以上を打たない!」を第一とし、それを常に念頭に入れておきましょう。

結局勝者となるのは「石橋を叩いて渡る」人の方が多いのです。

迷った時には「安全策」としておいても損は無いでしょう。