ゴルフ用品

【男性用】ゴルフに行くときの服装はこれ!正しいウェアでマナーを守ろう!

レッスンプロのサカモトリョウです

ゴルフをするにあたって、「何を着ていけば分からない!」という初心者の方も多いでしょう。

ゴルフというスポーツはマナーと礼儀を重んじる、紳士淑女のスポーツです。

昔よりはだいぶ優しくなったとはいえ、最低限の「ドレスコード」は必須となっています。

ですがゴルフ初心者の皆さんは

  • どういう服を着ていけばドレスコード的にいいのか分からない
  • どんな服装がNGなのか分からない
  • どういう服装がかっこ悪くないのか
  • ゴルフの服装って揃えるのにどれくらいの値段がするのか
  • そもそもどこで買えばいいのか

といった疑問が出てくることでしょう。

「なんか服装だけで面倒くさそう・・・」

と思った方もいるでしょう。

ですが、シューズ以外はだいたいの人が持っている服で補えますし、ユニクロやファッションセンターしまむらなどで全て揃います。

そこで、これから出来る限り分かりやすく、簡単に、それでいて安いお金で揃えられるような服装を紹介していきます。

これなら、初心者でも安心・安全・大丈夫!

という事例をいくつか上げていくので、参考にしてみてください。

そして!

ゴルフのドレスコードで理想と呼ばれている服装と、現実で皆さんが着ている服装に違いがあることもぜひ知っていて欲しいです。

ゴルフのドレスコードで理想と呼ばれている服装と、現実で皆さんが着ている服装に違いがあることもぜひ知っていて欲しいです。

2018年現在では、かなりドレスコードに優しくなっているゴルフ場がほとんどです。

ですが、これだけは絶対にNGという服装や、これならなんとか大丈夫といったボーダーラインがあるのでしっかりと説明していきたいと思います。

女性版の服装びついてはこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
【女性用】ゴルフに行くときの服装はこれ!正しいウェアでマナーを守ろう!レッスンプロのサカモトリョウです。 ゴルフをするにあたって、「何を着ていけば分からない!」という初心者の方も多いでしょう。 ...

初心者の為のゴルフ場基本服装〜クラブハウス〜

ゴルフはプレーに入る前に必ずクラブハウスに入ります。

そこでまず名前や住所を書いて、ロッカーを借り、荷物をそこに入れてプレーする場所に移動するわけです。

その際に、実際にプレーする時と違う服装を求められます。

  • 革靴で入る
  • ブレザーを羽織る

などです。

がっ!

正直、昨今でブレザーを羽織っている人はまだまだいますが、革靴で入場する人はほぼ居ないに等しいです。

日本で有数の名門コースなどでなければ気にせずともいいでしょう。

ポロシャツにブレザーやジャケットを羽織れば間違いないでしょう。

ただしサンダルは絶対NGなので気をつけてください。

ブレザーもあるとベストですが、羽織ってこない人もかなり多いですし、それで注意されることはほぼ無いでしょう。

こちらもよほどの名門コースにいく時だけで大丈夫です。

クラブハウスは食事や着替えをするところなので、

  • サングラスを付けたまま
  • 帽子をかぶりっぱなし

は止めておきましょう。

ご飯を食べるところなのでレストランと同じです。

レストランでサングラスをかけっぱなしの人、帽子をかぶりっぱなしの人が居ないのと同じですね。

マナーの意味合いが大きいですので、他の人たちを不快にさせないように心がけましょう。

初心者の為のゴルフ場基本服装〜帽子〜

往年のNO1プレイヤー、タイガーウッズですが、基本スタイルが分かりやすいです。

帽子は基本的に画像のようなキャップが1番普通のスタイルとなります。

その他には

  • サンバイザー
  • ハット系
  • ハンチング
  • ワークキャップ

なども大丈夫です。

各それぞれの、少し形が特殊なものも大丈夫なので気に入ったものを選びましょう。

ゴルフメーカーの帽子でなくても全然かまいません。自分の好きなメーカーやデザインで大丈夫です。

ここではドレスコードの意味合いで帽子を必要と記していますが、ゴルフは直射日光の下で何時間も運動するスポーツです

その日除けとしての役割もかなり大きいです。

さらに、もし頭に打球がぶつかってしまった場合、帽子をかぶっている時とそうでない時とでまったくダメージが違います。

自分の安全性を高める上でも、必ず帽子はかぶっておくことをおすすめします。

初心者の為のゴルフ場基本服装〜シャツ〜

上に着る服は、基本的に襟付きのシャツになります。

ポロシャツのようなもので大丈夫です。

基本は襟付きのものがベターですが、最近はハイネックやタートルネックといったものもOKだと見なされているところがほとんどです。

ただ、アンダーウェア1枚はダメです。気をつけましょう。

アンダーウェアの上に襟付きシャツを重ね着するのはまったく問題ありません。

アンダーウェアの生地が外から見えていても全然大丈夫です。

着る服の種類は襟付きなどで間違いないのですが、どんな服でも必ずズボンにシャツの裾を入れることがゴルフではマナーとされています。

ここはマナー上で大変重要となる基本的なことなので気をつけましょう。

初心者の為のゴルフ場基本服装〜パンツ〜

ズボンは綿パン、チノパンと呼ばれるもので十分です。スラックスでも大丈夫ですが、少し動きづらいでしょう。

ゴルフ専用のパンツも最近ではユニクロで安く売っています。品質も十分ですので、何も無ければおすすめです。

短パン、ショートパンツも最近はほとんど許されています。

短パン、ショートパンツを着用する際は、ロングソックス着用がゴルフにおけるドレスコード的には基本です。

がっ!

昨今のゴルフ場で男性で短パンやショートパンツを履いてる人たちで、ロングソックスを履いている人はほとんど見たことがありません。

なので、靴下にいたってはあまり気にする必要はないです。

ダメなのはジーパン、ジャージです。カーゴパンツは微妙なところなのですが、以前に石川遼君がツアーで履いていて注意され、禁止になったことがあります。

アマチュアであり、試合ではないとはいえ、出来れば止めておきましょう。

初心者の為のゴルフ場基本服装〜靴〜

靴はちゃんと専用のゴルフシューズでないといけません。

こういった専用の靴が、ゴルフショップやスポーツショップにはほとんど売ってあります。

安いものだとだいたい3000円前後でもあります。

出来れば5000円以上の靴の方が長持ちするし、靴裏の滑り止めも多いのでおすすめですが、安く済ませたいと言うなら無理に買わなければいけないというほどでもないので安心してください。

運動靴だと、ドレスコードというより足裏に滑り止めが付いていないので危ないです。

芝の上は大変滑りやすいので止めましょう。

こういう滑り止めがある靴を選びましょう。

ゴルフシューズには多かれ少なかれ必ず付いてますのでご安心を。

初心者の為のゴルフ場服装〜絶対NG〜

逆に言えば「絶対NG!」と言われてるものだけ避ければだいたい大丈夫です。

まとめておくので、参考にしてみてください。

  • Tシャツ(襟の無いもの)
  • ジャージ
  • ジーンズ生地の服
  • タンクトップ(中に着るのは大丈夫)
  • カーゴパンツ(出来れば止めましょう)
  • サンダル(入場の時も)
  • 芝を傷つける恐れのあるシューズ
    (野球用スパイクなど、ゴルフ以外のスパイクや、金属の鋲が付いたスパイク)

これらは絶対にNGなので、気をつけましょう。

初心者の為のゴルフ場服装〜冬版〜

冬の場合は寒いので、もちろん上着を着ても大丈夫です。

ベストやカーディガン。シャカシャカのパーカーやウインドブレーカーを着ましょう。

下にシャカシャカパンツを重ね着しても、もちろん問題ありません。

耳当てや、ネックウォーマーも大丈夫です。

この二つは、あるとかなり体感温度が変わりますので、冬には特におすすめです。

【まとめ】ゴルフの服装は帽子、襟付きシャツ、チノパン、ゴルフシューズがあれば大丈夫!

ゴルフは、

  1. 帽子
  2. 襟付きシャツ
  3. チノパン
  4. ゴルフ専用の靴

の4点さえあれば服装は問題ありません。

あまり気張らずに「ダメ!」と言われるもの以外なら大丈夫です。

冬は素直に重ね着しましょう。

以上、【ゴルフ初心者用】正しい服装を選ぼう!男性版でした。

ゴルフの実践的な方法まとめはこちらをどうぞ。

あわせて読みたい
【初心者向け】現役ゴルフレッスンプロのスコア100切りゴルフ講座7ステップゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。 ラウンドレッスンをしながらブログ・Twitter・youtubeで情報発信をしています。...