ゴルフクラブ

現役ゴルフレッスンプロが教えるシニア向けおすすめドライバー2選!

ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。

今回は最近なかなか飛距離が出ないという、シニアゴルファーへのおすすめのドライバーを紹介したいと思います。

「せとにかく早く欲しい!」という方はこちら。

※文章が苦手な方はこちらの動画にまとめていますのでご覧ください。

現役ゴルフレッスンプロが選ぶシニア向けおすすめドライバー2選!

 

年齢を重ねてきて、飛距離が落ちてきたゴルファーの皆さんは、

  • 最近めっきり飛ばなくなった…
  • ヘッドスピードも大分落ちてしまった。
  • もうどんなクラブがいいのか分からない…

という声が多いです。

そこで、そんな悩みをレッスンプロの観点から解決したいと思います。

具体的には

  1. 見栄を張らず、柔らかいシャフトを選ぼう
  2. 力や体力が落ちてしまった中、選ぶべきドライバー

この順番で説明していきます。

ほんの5分前後で読める内容ですし、ドライバーを選ぶ悩みを少しでも解決出来るようにしていますので、ぜひご一読を!

サカモトリョウ
サカモトリョウ
体を若返させることは出来ませんが、ちゃんと適応したドライバーを選ぶことで、飛距離アップは十分可能です

ゴルフクラブは見栄を張らず柔らかいシャフトを選ぼう

よくわたしが耳にすることの1つが

「柔らかいシャフトを使うのは、なんか格好悪い」という言葉です。

これは出来る限り止めましょう。

今の自分のヘッドスピードに合わないシャフトを使っているということは、それだけでわざわざ飛距離を飛ばさないように努力しているようなものです。

「自分に合ったクラブで最前を尽くす」

これこそが、1番格好いいゴルファーの姿では無いでしょうか?

ゴルフクラブのシャフトは、しなった力が反発し、それが反動で戻った状態でボールにインパクトします。

つまり、シャフトが大きくしなればしなるほど、その出力は大きくなるというわけです。

そのため、ドラコン選手などはわざと柔らかいシャフトを使ったりします。

しかし、シャフトがしなればしなるほど、その反動を利用し、タイミングを合わせるのが大変難しくなってしまいます。

現実的に使いこなせる範囲のシャフトを選ぶことをおすすめします。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
せっかくもっと飛ぶ可能性があるのに、自分からそのチャンスを無くしてしまっていませんか?

ゴルフクラブおすすめ:ゼクシオとマジェスティ

50代以上になって、とたんにパワーや体力が落ちてしまったという人は多いでしょう。

ですが、特におすすめなクラブを買うことで、少しでも昔の飛距離に近づくよう努力してみましょう。

特におすすめしているのが

  • ゼクシオ
  • マジェスティ

こちらの2点になります。

詳しく説明していきましょう。

スリクソンの「ゼクシオ」シリーズ:ゼクシオ10

今やゴルフクラブでも超有名どころの1つである、

【スリクソンのゼクシオシリーズの10】です。

私が高年齢のゴルファーの皆さんに特におすすめしているクラブの1つです。

そのメリット・デメリットについてご説明します。

メリット

  • 重心を下げることにより、高弾道・飛距離アップを求めたクラブ。
  • クラウン部分を薄くすることに成功し、軽量化が実現。
  • アマチュアのヘッドスピードがあまり出ない方に合わせて開発し、シャフトやヘッドも飛距離アップの為に設計されている。
  • 全体的に優しく打てる設計で、アマチュアのミスを出来る限りカバーしてくれる設計。

デメリット

  • 値段は高めの設定。
  • 多くの人が使っているため、他の人と使用クラブが被る可能性が非常に高い。
  • 比較的にヘッドスピードの低い人向けの設定であるため、ヘッドスピードが速い人は使用する時は注意です。

マルマンの「マジェスティ」シリーズ:PRESTIGIO 9

ゴルフクラブで、高級なクラブの代名詞である、

【マルマンのマジェスティシリーズのPRESTIGIO 9 】です。

かなりのお金を使って開発され、多くのお金持ちに長年人気のシリーズです。

そのメリット・デメリットについてご説明します。

メリット

  • 非常に多くの開発資金を使っているので、そのクラブ性能はかなり高く設定されています。
  • 広いゴルファーに「非常に高級なゴルフクラブ」として認識されているので、そのクラブを使っているだけで、大きなステータスとなります。
  • 派手な金色の装飾のクラブが多いので、目立ちたい方には非常に合うと思います。
  • 長尺シャフト設計だが、超軽量を実現。
  • 力強い打球を出せるように設計されています。

デメリット

  • 完全に年齢層が高めの方をターゲットに開発されているクラブなので、ヘッドスピードが平均以上ある方には向かないでしょう。
  • それに伴い、出来る限り打球を上げる為に設計されているので、もともと打球が高い方にも相性はよくありません。
  • かなり高価なクラブです。現存するクラブの中でもトップレベルで高価なものです。

この2つのクラブは、ヘッドスピードがあまり速くないゴルファーを助ける為に、設計段階から考え抜かれて作られています。

自分の飛距離に満足していなければ、ぜひ試してみましょう。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
値段は高いですが、その意味はしっかりとあります。自分の現状をしっかりと理解してクラブを選んでみましょう。

まとめ:シニアゴルファーになったからといって飛距離を諦めなくていい!

  • ゴルフクラブは見栄を張らず、柔らかいシャフトを選ぼう
  • ゴルフクラブおすすめ:ゼクシオとマジェスティ

せっかく以前より、仕事や資金で余裕が出ている中でゴルフが楽しめている方も多いでしょう。

その中で、せっかくゴルフの醍醐味である飛距離を諦めず、今の自分なりの最善を尽くすことが、いずれ飛距離に繋がることでしょう。