ゴルフクラブ

現役ゴルフレッスンプロが教えるユーティリティのすすめ【理由・解説】

ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。

今回は今やクラブセットに入れてる人がいないと言うほどのクラブである、ユーティリティについて説明していきたいと思います。

しかし、皆さんの中には

  • ユーティリティのクラブ入れてるけど、実際にはあまり使っていない
  • ユーティリティってアイアンなんだかウッドなんだか分からなくて打ちづらい
  • どれくらい飛ぶのか、よくわからなくて使いづらい

などと言われる方もいます。

しかし、これは非常に勿体ない考えです。

ユーティリティというクラブを使わないということは、わざわざ簡単にショットを出来る可能性を少なくしているというほどに、ユーティリティは可能性を秘めたクラブなんです。

その理由を、レッスンプロの観点からご説明していきます。

具体的には

  • アイアンとウッドの良さを兼ね備えたクラブ
  • とにかくやさしい
  • 値段もリーズナブル

の順番でご説明していきます。

10分前後で読める内容にしていますし、未だにユーティリティをうまく活用していないゴルファーの方を大きく助けることになる可能性が高いので、ぜひご一読ください。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
ゴルファーとして、ユーティリティを使わない手は無いと断言出来ます!

ユーティリティはアイアンとウッドの良さを兼ね備えたゴルフクラブ

ユーティリティというクラブは「アイアンとウッドのどちらでもない中途半端なクラブ」という認識を持っていませんか?

実際のユーティリティは「アイアンとウッドの良いところを兼ね備えたクラブ」というのが正しい認識です。

  • アイアンの方向性
  • アイアンのスピン量
  • ウッドの高さ
  • ウッドの飛距離

これらのように、2種類のクラブの良いところを兼ね備えています。

その利点を具体的に説明していきましょう。

ウッドのようにソウルが滑ってくれる

ユーティリティはウッドと同じようなソールがあるので、インパクトでウッドと同じように滑ってくれる性能を持っています。

さらに、ウッドのクラブよりも短いので扱いやすく、ヒットもしやすいので、ソールの部分をより効果的に活かせるでしょう。

アイアンのように打ち込んで打てる

ユーティリティはウッドよりもコンパクトでアイアンに近い形状をしているので、鋭角な入射角でも打つことが出来ます。

その特性により、

  • 球を上げれる。
  • スピン量が増える。
  • ラフからでも、ウッドより打ちやすい。

のような打球が望めます。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
もしあなたが、ユーティリティに対してマイナスのイメージを抱いているなら、すぐにこのことを思い出してみましょう。

ユーティリティはとにかくやさしいゴルフクラブ

ユーティリティというクラブは「なんか中途半端で難しいクラブ・打ちづらいクラブ」なんて思っていませんか?

そうやってユーティリティ本来の良さを理解せずに、使わなくなってしまうのは非常に勿体ないです。

ユーティリティはゴルファーのみんなを助けてくれる、やさしくて万能なクラブだと言うことを認識しましょう。

確かに、慣れるまではその独特な形に違和感を感じるかもしれません。

しかし、うまく使いこなせるようになれば、その効果は絶大です!

  • セカンドの距離が残っているとき
  • フェアウェイバンカーからのショット
  • セミラフからの長い距離の残ったショット

などなど、いろいろな状況下であなたを助けてくれるでしょう。

あなたが少しでも上達を目指すゴルファーなら、絶対にうまく活用することをおすすめします!

まとめ:ゴルファーとしてレベルアップを望むなら、必ずユーティリティを使いこなそう!

  • ユーティリティはアイアンとウッドの良さを兼ね備えたゴルフクラブ
  • ユーティリティはとにかくやさしいゴルフクラブ

ユーティリティというクラブが出始めてから、まだそこまで長い年月は経っていません。

昔からゴルフをしている方などは、その独特の形に違和感を感じるかもしれません。

しかし、このクラブはかなりの高確立であなたを助けてくれるでしょう。

ぜひ、何度か試してみることをおすすめします。