ゴルフクラブ

飛距離に繋がるシャフトの硬さ・重さは?ゴルフレッスンプロが説明!

ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。

今回は【飛距離に繋がる理想的なシャフトの硬さや重さとは!?】という内容の記事となっております。

一般的なアベレージゴルファーはシャフトについて、

  • シャフトの違いって難しい
  • 振っても違いがよく分からない
  • どんなシャフトが飛距離に対して理想なんだろう?

などと思うことでしょう。

そこで、現役ゴルフレッスンプロの私がメーカーの方や多くのクラフトマンに聞いた「飛距離に繋がるシャフトの理想」について説明いたします。

3分くらいで読める内容ですし、シャフトの理想型について理解出来る可能性が高いので、是非ご一読ください。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
シャフトは意外に単純なんです

シャフトによる1番の違いはタイミングの取り方

質問者さん
質問者さん
そもそも、シャフトにより変わる所ってなんなの?
サカモトリョウ
サカモトリョウ
1番はスイングのタイミングの取り方ですね

シャフトの

  • 硬さ
  • 重さ
  • トルク
  • キックポイント

などなど、いろいろな違いがありますが、

1番変わってくるのは「スイング中のタイミングの取り方」です。

これにより非常に打ちやすさが変わってくるので、非常に重要な要素だと言えるでしょう。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
シャフトはスイングにとても影響するんです

ゴルファーに取っての飛距離に繋がるシャフトは「出来るだけ軽く・柔らかく」

質問者さん
質問者さん
じゃあ、シャフトの理想ってどうなの?
サカモトリョウ
サカモトリョウ
基本的にはシャフトは軽く・柔らかくが理想なんです!

ほとんどの人がドライバーのシャフトを考える時に、飛距離アップ望みながらシャフトを選ぶでしょう。

そこで、どんなシャフトが1番飛距離に繋がるのか?

答えは簡単で、「軽く、柔らかくする」のが1番飛ぶんです。

基本的に軽ければ速く振りやすいし、柔らかければシャフトが大きく動くので力が大きく発生するという訳ですね。

しかし、ゴルフはそれだけではうまくいきません。

ゴルフはあくまで狙った所にボールを運ぶターゲットスポーツなので、再現性の安定感を出せるようにしなければいけません。

そこで、その人その人のスイングに合うようにするには、安定感が出ないので硬く重くしていくという訳です。

クラブの理想は軽く柔らかく。

覚えておいても損は無いでしょう。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
軽いからダメというのは決して無いんですよ?

シャフトの理想は「軽く・柔らかく」ですが、安定性を求めて自分に合わせていこう!

シャフトは飛距離を出す為に、

  • 柔らかく
  • 軽く

することが1番の理想と言えます。

しかし、それだけではどうしても安定性が出ないので、重さや硬さを人によって調整していく訳です。

なので、自分のシャフトを選ぶ際は出来る限り軽く・柔らかく作っていき調整するのも1つの手段になるでしょう。

参考にしてみてください。

その他ご質問ございましたら、お気軽にLINEご登録いただけますと幸いです。

友だち追加
11D GOLFのゴルフグッズ