スイング

【超簡単】ゴルフレッスンプロが教えるスライスの原因と直し方改善方法

ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。

今回はショットでスライスボールが多発してしまう方向けの記事となっています。

※文章が苦手な方は、こちらの動画に内容をまとめていますので、よろしければご覧ください。

【簡単】スライスする原因と改善方法紹介

 

そもそも、意図せずに打球が右に曲がってしまう方達は

  • なぜスライスボールが出るのか?
  • どうやって直したら良いのか?
  • そもそも直すべきなのか?
  • 逆のフックボールの方がいいのか?

などの疑問が出てくると思います。

そこで、レッスンプロとしてわたしが、この原因と改善点を説明していきたいと思います。

具体的には

  • そもそもスライスボールはどういった理屈で出るのか
  • あなたの打球はフェード・スライス・プッシュの内のどれか
  • どれくらいスライスしているのかを把握してみよう
  • スライスの具体的な改善点はどこか
  • スライスの具体的な改善方法・練習方法は「フェイスをかぶせよう!」

この順序で説明していきたいと思います。

10分前後で簡単に読める内容ですし、これによりあなたのスライスボールに対する悩みが劇的に改善する可能性が高いので、ぜひご一読を!

サカモトリョウ
サカモトリョウ
スライス系の打球は距離が出づらく、見た目も格好悪く飛んでいるように見えるので嫌がる人が多いんです。日本人にはスライス系の打球を打つ人の方が多いとされています

フックボールの詳しい解説はこちらからどうぞ

現役ゴルフレッスンプロが教えるフックする理由・原因と改善方法ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。 今回はフックボールが多発してしまう方向けの記事となっています。 ※文章が苦手な方は...

あなたのゴルフショットはスライス・フェード・プッシュの内のどれか

実は「打球が右に飛んでいく」自体をスライスボールだと思っている人が結構いるんです。

そこで、よくある右に打球が飛ぶ種類を説明しておきましょう。

スライス

打球に右回転がかかって、右に曲がっていく打球のこと。

風などの影響や、打球の高さがあまりに低いなどの特殊な条件がなければ、基本的には右に曲がっていく打球になります。

フェード

これはよく勘違いされやすいのですが

【真っすぐ飛び出してから、少しだけ右に曲がっていく打球】がフェードではないんです。

フェードとはインテンショナルスライス(自分の意思でスライスボールを打つこと)のことを指しています。

例えば、自分で意図してスライスボールを打っていなかったとします。

その時、打った打球が真っすぐ飛び出して綺麗に右に少し曲がったとしても、それは「フェードボール」ではなく「スライスボール」ということになります。

プッシュ

打球の出だしからいきなり右に飛び出るショットのことで、どちらに曲がるかは関係ありません。

プッシュしてから、さらにスライスして右に大きく右に行くことを「プッシュアウト」と言います。

これらの違いをしっかりと認識して、自分のショットの改善点を正確に計りましょう。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
右に飛ぶ種類だけでもこんなにあるんです。もちろん、それぞれで改善方法も違います

そもそもゴルフでスライスボールはどういった理屈で出るのか

そもそも、スライスボールってどういう理屈で出るんだろう?

これは簡単です。

「球に右回転がかかっているから」です。

では、何故右回転がかかってしまうのか?

それは、

インパクトの瞬間にフェイスが開いているから。

というのが分かりやすいでしょう。

ボールの飛び方や理屈に対する詳しい説明はこちらでどうぞ。

【飛び方・仕組み】ショット時のゴルフクラブとボールの関係を解説ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです 今日はゴルフにおけるショットで、ボールがどういう仕組みで飛んでいくのかを説明していきたいと...
サカモトリョウ
サカモトリョウ
打球の飛び方自体はとてもシンプルで分かりやすいんです

自分のゴルフショットがどれくらいスライスしているのかを確認しよう

「なんか打球がスライスしてしまうな〜」

というように言っている方は確かに多いのですが、どれくらいの幅をスライスしているのかを理解しているのも大きな情報のひとつです。

実はこれが非常に重要で、先ほど説明したプッシュアウトになってしまっているのであれば、それはすぐに改善出来るように取りかかりましょう。

しかし、多少左に飛び出て(プル)右に曲がってくるような打球の場合は、意図的に打っているフェードではないものの、すぐに改善しようと思うものではありません。

それは意図的でないとはいえ、自分の持ち玉をうまく使っているショットと言えるでしょう。

自分のショットがどの程度曲がってしまうのかを、今一度確かめてみましょう。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
意外と「どれくらい曲がるのか」を意識している人は少ないんです

ゴルフでスライスの具体的な改善点はどこにあるのか

では、実際にどこに改善点があるのでしょうか?

さきほども言った通り、「フェイスが開いてインパクトする」といったことが最大の問題点となります。

なので、それを直すことが出来れば、スライス回転しない可能性が高いのです。

良くある原因が3つあるので説明していきましょう。

体が開きながら切り返してしまい、それにつられてフェイスも開いてインパクトしてしまう

トップから切り返してインパクトする時に、体の左サイドが後ろ側に引くように開いてしまい、結果フェイスが開いて当たってしまう状態です。

アームローリングが間に合わず、結果フェイスが開いてインパクトしてしまう。

腕はフェイスと連動して開閉しています。

腕の回転を「アームローリング」といいますが、これが遅れてしまって、結果フェイスが開いた状態でインパクトしてしまう状態です。

早い段階で目線が上がってしまい、フェイスローテーションが遅れてしまい、開いてインパクトしてしまう

「ルックアップ」や「球をよく見ていない」なんて言われるやつですね。

これはスライスもフックも両方出る可能性があります。

スライスの場合は、ルックアップするとアドレス時のポジションに手やクラブが戻りづらくなってしまいます。

結果振り遅れてしまい、フェイスの開閉が間に合わずスライスしてしまう可能性があります。

この3つがスライスする原因として多いものです。

では具体的にどうすれば改善していくのか?

それを説明していきましょう。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
自分のミスの原因を知っておくことは、ある意味練習するより大事なことなんです

ゴルフショットでスライスのおすすめで具体的な改善・練習方法は「アドレスでフェイスをかぶせよう!」

スライスをしてしまうのは、インパクトの瞬間にフェイスが開いてしまうのが原因であることは、先ほどから言った通りです。

なので、1番てっとり場合簡単な方法は「アドレスの時点でフェイスを少し被せている状態で構える」ということです。

質問者さん
質問者さん
身もふたも無いじゃん…そんなことしても根本的な解決にはならないし、意味ないんじゃ?
サカモトリョウ
サカモトリョウ
いやいや、そんなことはないんです。「スライスしないで玉が飛ぶ」という認識を持っているだけで、とってもスイングが安定していくんです 

これは否定的な意見もあるのですが、あなたが初心者、もしくは「スライスがどうしても止まらなくて、ゴルフがつまらない!」と思っているのなら、ぜひ一度試してみてください。

この感覚があるだけで、だいぶ良くなっていく人が多いんです。

この対策でショットをしていて、少しずつ左に出たり、フックするようになったら、少しずつ閉じていたフェイスをスクエアに戻していこう。

そしてまたスライスするようなら、またアドレスで閉じて構える。

このように少しづつ調整してみよう。

たまにですが「アドレスで被せれば被せるほどスライスが強くなる」という方がいます。

原因は、被せた分を無意識に無理矢理戻そうと調整して開いてしまうから。

パワーの強い方に多く現れる現象ですので、パワーの強い方は注意しておきましょう。

サカモトリョウ
サカモトリョウ
ゴルフって、単純な行動の方が効果的だったりするんです

まとめ:自分のゴルフショットがどんな種類のスライスか理解して改善していこう

  • そもそもスライスボールはどういった理屈で出るのか
  • あなたの打球はスライス・フェード・プッシュの内のどれか
  • 具体的な改善点はどこか
  • 具体的な改善方法・練習方法

スライスはドローよりも飛距離が出づらかったり、初心者っぽく映ったりするので、嫌がる人もたくさんいます。

しかし、スライス回転を操れれば、スコアを作る上で非常に有効な手段となってくれるでしょう。

ぜひスライス回転の強さをみんなに見せつけましょう!

フックボールの詳しい解説はこちらからどうぞ

現役ゴルフレッスンプロが教えるフックする理由・原因と改善方法ゴルフレッスンプロのサカモトリョウです。 今回はフックボールが多発してしまう方向けの記事となっています。 ※文章が苦手な方は...